野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 巨額契約残すスタントン、トレードは年俸負担が条件? 候補にカージナルス

巨額契約残すスタントン、トレードは年俸負担が条件? 候補にカージナルス

今オフに共同オーナー兼最高経営責任者(CEO)に就任した元ヤンキースのスーパースター、デレク・ジーター氏のもとで改革を進めているマーリンズ。3日(日本時間4日)にはイチロー外野手との来季契約オプションを行使しないことを発表。イチローはフリーエージェント(FA)となり、マーリンズを含む全球団との交渉が可能となった。

去就が注目されるマーリンズのスタントン【写真:Getty Images】
去就が注目されるマーリンズのスタントン【写真:Getty Images】

ジーター共同オーナーのもとでトレードを画策するマーリンズだが…

 今オフに共同オーナー兼最高経営責任者(CEO)に就任した元ヤンキースのスーパースター、デレク・ジーター氏のもとで改革を進めているマーリンズ。3日(日本時間4日)にはイチロー外野手との来季契約オプションを行使しないことを発表。イチローはフリーエージェント(FA)となり、マーリンズを含む全球団との交渉が可能となった。

 さらに、今季メジャー断トツの59本塁打を放ったジャンカルロ・スタントン外野手、不動のリードオフマンのディー・ゴードン内野手、チームリーダーのマーティン・プラド内野手と、契約を残す主力3選手のトレードにも動いていると報じられている。特に注目が集まっているのはスタントンだ。

 27歳の大砲は2014年オフに北米スポーツ史上最高総額となる13年3億2500万ドル(約371億円)の大型契約を締結。ただ、年俸は15年が650万ドル(約7億4000万円)、16年は900万ドル(約10億円)、17年は1450万ドル(約16億5400万円)と徐々に高くなっていくように設定してあり、来年は2500万ドル(約28億5000万円)と跳ね上がる。23、24年が最高額の3200万ドル(約36億5000万円)となるなど、来年以降の10年で総額2億9500万ドル(約336億5000万円)と大半の金額が残っており、新体制で“緊縮財政”となるマーリンズはスター選手の放出を画策している。

 ただ、当然、ハードルは高い。メジャーリーグ評論家の第一人者で、過去に米国野球殿堂からも表彰されたピーター・ ギャモンズ氏は、自身の米野球専門メディア「ギャモンズ・デイリー」でスタントンの去就について取り上げ、マーリンズが年俸の一部を負担しない限りトレード成立は難しいとの見解を示している。

人気記事ランキング