野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム大谷の移籍先は? 米メディアが「大胆予想」「それはヤンキースだ」

メジャーリーグは、6日(日本時間6日)にフリーエージェント(FA)選手と旧所属球団との独占交渉期間が終了。これでFA選手は全球団との交渉が可能となり、ストーブリーグが本格化する。今オフは、FA市場でNO1評価の声が多いダルビッシュ有(ドジャースからFA)、そして日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦する可能性が高まっている大谷翔平と、2人の日本人投手が話題の中心になると見られている。

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】
日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

今オフの10つの大胆予想を掲載、「スタントンはレッドソックスへ」

 メジャーリーグは、6日(日本時間6日)にフリーエージェント(FA)選手と旧所属球団との独占交渉期間が終了。これでFA選手は全球団との交渉が可能となり、ストーブリーグが本格化する。今オフは、FA市場でNO1評価の声が多いダルビッシュ有(ドジャースからFA)、そして日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でメジャー挑戦する可能性が高まっている大谷翔平と、2人の日本人投手が話題の中心になると見られている。

 そんな中、「CBSスポーツ」電子版では、「MLB ホットストーブ2017-18:オフシーズンの大胆予想ベスト10」と題した特集記事を掲載。大谷はヤンキースに移籍すると予想している。また、10項目の筆頭では、マーリンズがトレードでの放出を画策している大砲ジャンカルロ・スタントン外野手が、レッドソックスに移籍すると分析している。

 大胆予想のトップ項目は「スタントンがレッドソックスへ」。そこには「幾つかの理由」があると、寸評では伝えている。

「1つ目は、ボストンはホームランバッターを明らかに必要としているからだ。今シーズン、アメリカン・リーグのチームの中で、ホームラン数が最下位に終わった。2つ目は、クラブ自体に現在、勝つことへの重圧がかかっているからだ。クレイグ・キンブレルは来冬FAとなり、クリス・セールとドリュー・ポメランツも2019年シーズン後にFAとなる」

 レッドソックスの今季チーム本塁打数は162試合で168本。デビッド・オルティスが昨年限りで引退した打線は、明らかにパワー不足だ。さらに、守護神キンブレル、先発セール、ポメランツという計算できる戦力がいる間に何としても世界一を獲りたいため、今季メジャー断トツの59本塁打を放ったスタントンが必要だという。

 記事では「こうした緊急性とチームのホームランバッターに対する必要度を組み合わせると、スタントンとレッドソックスがはっきりとフィットしていることがわかる。編成最高責任者デーブ・ドンブロウスキーは若手のトップ選手たちをトレードすることに何のためらいもない人物だ」とも指摘。来年以降、10年総額2億9500万ドル(約336億5000万円)という莫大な契約を残すだけに、マーリンズが年俸の一部を負担する必要があるとも言われているが、果たしてスタントンのトレードは実現するだろうか。

人気記事ランキング