野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

不振にあえいだロッテの希望、「二木プロジェクト」効果で見せた右腕の成長

千葉ロッテの二木康太投手が、今季初めて規定投球回に到達し、勝ち星、奪三振数、完投数でチーム最高成績を残した。投打ともに苦しみ、最下位に沈んだチームにあって、22歳の若き右腕が見せた快投は、今後の大きな希望になりつつある。

ロッテ・二木康太【画像:(C)PLM】
ロッテ・二木康太【画像:(C)PLM】

勝ち星、奪三振数、完投数でチーム最高成績の22歳

 千葉ロッテの二木康太投手が、今季初めて規定投球回に到達し、勝ち星、奪三振数、完投数でチーム最高成績を残した。投打ともに苦しみ、最下位に沈んだチームにあって、22歳の若き右腕が見せた快投は、今後の大きな希望になりつつある。

 鹿児島情報高校を卒業後、2013年ドラフトで千葉ロッテから6位指名された。甲子園の出場経験はなく、187センチという長身に見合わない華奢な体格。2015年に早くも1軍登板を果たすと、翌年には開幕から先発ローテーションの一角を任され、4月12日の楽天戦で1失点完投でプロ初勝利を飾る。シーズン終盤に調子を崩し、防御率5.34と課題は残したものの、ほぼ1年間ローテーションを守り抜いて、7勝を挙げた。

 さらなる活躍が期待された今季は、シーズン初先発となった4月14日の埼玉西武戦で7回1失点の好投を見せると、以降は安定した投球でローテーションに定着し、チームトップの7勝をマーク。不振に喘ぐチームの中で、先発陣の軸として奮闘した。

 二木投手の成長ぶりは、残した成績にも如実に表れている。勝敗数こそ昨季と同じ7勝9敗だが、防御率は5.34から3.39、奪三振は81から128に向上。昨季は先発した21試合のうちクオリティ・スタート(6回以上を投げ自責点3以下)を達成したのは7試合だったのに対し、今季は22試合のうち実に15試合だった。

人気記事ランキング