野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人最強助っ人クロマティ氏、楽天オコエに称賛&“苦言”「私が指導したい」

楽天のオコエ瑠偉外野手が、11月16日に開幕する「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」で、24歳以下で構成された侍ジャパンに初選出された。侍ジャパンの一員となった若武者の成長曲線に厳しくも温かい視線を送る人物がいる。巨人史上最強の助っ人と呼ばれる、ウォーレン・クロマティ氏だ。

オコエ瑠偉に大きな期待を寄せるクロマティ氏【写真:編集部】
オコエ瑠偉に大きな期待を寄せるクロマティ氏【写真:編集部】

「彼はスーパープレイヤーになれるはず」

 圧倒的なスピード、パワーと並外れた才能の持ち主でもあるオコエだが、プロ入り2年間でクロマティ氏が思い描いたレベルに達していないという。

「彼は若い。そのスピード、反応の素晴らしさには感銘を受ける。だが、それ以外の部分では平均的な日本人選手のプレーにしか見えないんだ。彼はスーパープレイヤーになれるはずだ。彼はアメリカのルーキーリーグでプレーすべきだ。彼にはスーパースターになるチャンスがあるんだ」

 オコエは、生まれ持ったフィジカル面の能力への依存度が未だに高いとクロマティ氏は“苦言”を呈する。そして、まだ楽天2年目にもかかわらず、中南米などからも集まった有望なプロスペクトが凌ぎを削るMLBのルーキーリーグで武者修行し、スキルアップにつなげるべきだと主張した。これは現実的ではないにしても、オフにドミニカ共和国、メキシコ、ベネズエラなどのウインターリーグに参加するという手もある。

 類まれな能力を持つオコエに規格外のスーパースターになってほしい――。そんな親心から、クロマティ氏は熱い提言をしていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」