野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 平野、牧田、マイコラス、マーティン…レンジャーズが“NPB組”に熱視線!?

平野、牧田、マイコラス、マーティン…レンジャーズが“NPB組”に熱視線!?

ダルビッシュ有投手は市場NO1の評価を受け、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手の去就にも注目が集まっている。両投手の移籍先候補に挙がっているレンジャーズが、その他の“NPB組”にも熱視線を送っていると、地元紙「スターテレグラム」が報じている。

去就が注目されるオリックス・平野佳寿【写真:編集部】
去就が注目されるオリックス・平野佳寿【写真:編集部】

地元紙が指摘「オオタニとダルビッシュだけではない」

 例年以上に日本の投手に注目が集まっている今オフのメジャーのストーブリーグ。ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手は市場NO1の評価を受け、日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平投手の去就にも注目が集まっている。両投手の移籍先候補に挙がっているレンジャーズが、その他の“NPB組”にも熱視線を送っていると、地元紙「スターテレグラム」が報じている。

 13日(日本時間14日)にフロリダ州オーランドで始まったGMミーティングに参加しているジョン・ダニエルズGMは、大谷ついては「他のチームとまだ契約中の身である選手に関してはコメントを控えたい」と話し、ダルビッシュに関する質問にも「特定の選手に関してはコメントを控えたい」と明言を避けたという。

 記事では「それがダニエルの手法だ。しかし、それぞれの状況に関して言えば、ダルビッシュについては明確で、オオタニについては宙に浮いたままである」と解説。ダルビッシュの再獲得は金額がネックとなって見送る可能性があり、大谷は「保留」の状態だと指摘。大谷は新ポスティングシステムがまとまることが前提だというが、それでも「この不透明な状況によってレンジャーズのプランが足止めを食らうことはない」。獲得に向けて動くことは確実なようだ。

 一方で、日本からメジャーに渡ろうとしている投手たちも、候補として記事の中で挙げられている。

「オオタニとダルビッシュがだけがレンジャーズが狙うピッチャーではないのかもしれない。レンジャーズは、助けとなるリリーバーを求めるうえで日本に注目することができるだろう」

人気記事ランキング