野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

宣言残留も視野、FA表明の日ハム増井「長い契約をいただけるのが一番」

日本ハムの増井浩俊投手が14日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。長期契約を求めての決断。33歳右腕は宣言残留も視野に入れながら、他球団からのオファーを待つ。主な一問一答は以下の通り。

来季の去就が注目される日本ハム・増井浩俊【写真:石川加奈子】
来季の去就が注目される日本ハム・増井浩俊【写真:石川加奈子】

申請期限最終日にFA行使を表明、一問一答「いろんな話を聞いてみたい」

 日本ハムの増井浩俊投手が14日、札幌市内の球団事務所で記者会見を行い、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。長期契約を求めての決断。33歳右腕は宣言残留も視野に入れながら、他球団からのオファーを待つ。主な一問一答は以下の通り。

「この度、取得しましたFA権を行使して、他球団のお話を聞きたいということを球団の方にご報告させていただきました。本当にここまでいろいろ悩みましたが、せっかく取得したFA権をまず行使して、他球団の話を聞いてみたいと思ったので、こういう形に至りました」

――これまでの交渉で球団からはどんな話があったか。

「球団からは、残ってほしい、チームが勝つためには僕の力が必要だという風に言ってもらえているので、FA宣言はしますけど、残留も視野に入れて他球団の話を聞いてみたいと思っています」

――行使という決断に至った大きな理由は。

「プロ野球に入って、自分がFAを取れるまでになれると思っていなかったので、取れたということで、この機会にいろんな話を聞いてみたいと思ったので、行使することにしました」

――今日は申請期限最終日。相当悩んだのでは。

「球団からも残ってほしいというのが伝わってきたので、すごく迷いましたけど、宣言残留も認めてくれるということだったので、まず宣言して、ほかの話も聞いてみようと思いました」

人気記事ランキング