野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本復帰でムネリン節炸裂 川崎宗則に寄せられる来季への期待

2017年が開幕して早々、福岡ソフトバンクファンにとってうれしいニュースが飛び込んできた。長年チームを引っ張ってきた川崎宗則の日本球界復帰である。「ムネリン」の愛称で親しまれる人気者の「里帰り」に、福岡のみならずプロ野球界は大いに沸いた。

来季の活躍が期待されるソフトバンク・川崎宗則【写真:藤浦一都】
来季の活躍が期待されるソフトバンク・川崎宗則【写真:藤浦一都】

今季日本球界に復帰したソフトバンク川崎

 2017年が開幕して早々、福岡ソフトバンクファンにとってうれしいニュースが飛び込んできた。長年チームを引っ張ってきた川崎宗則の日本球界復帰である。「ムネリン」の愛称で親しまれる人気者の「里帰り」に、福岡のみならずプロ野球界は大いに沸いた。

 川崎は1999年のドラフトで福岡ダイエー(現福岡ソフトバンク)から4位指名。鹿児島工業高校出身の最初のプロ野球選手となった。川崎の名が知れ渡ったのは2003年から。三塁のレギュラーに定着し、俊足を活かしてダイハード打線の一角を担う。

 翌年以降は遊撃手を務め、チームの中心選手として活躍。2006年と2009年の「ワールド・ベースボール・クラシック」では、ともに日本代表に選出され、世界一に貢献した。第1回大会決勝において、タッチをかいくぐり本塁に突入した「神の右手」は、多くの野球ファンの記憶に鮮明に残っていることだろう。

 川崎は華やかなプレーとキャラクターでもって日本球界で確固たる地位を築きながら、2011年オフ、米球界挑戦を表明する。当時イチロー外野手が在籍していたマリナーズへ加入し、シーズンの途中にそのイチローがヤンキースへ移籍してしまったものの、アメリカでの出場機会を求め続け、マイナー契約から幾度となくメジャーの舞台に這い上がった。

人気記事ランキング