野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武にはこの上なく大きな「補強」 兼任コーチで古巣復帰、松井稼の挑戦

かつて日本球界を代表するスーパースターとして所沢を沸かせた男が、15年ぶりに帰ってくる。今季限りで楽天を退団した松井稼頭央外野手が、埼玉西武に復帰した。1994年から2003年まで10年間にわたって在籍し、走・攻・守の全てが揃った名遊撃手として圧倒的な活躍を見せた松井稼の帰還は、若い選手が多い現在の埼玉西武にとって、この上なく大きな「補強」となるかもしれない。

今季限りで楽天を退団した松井稼頭央【写真:荒川祐史】
今季限りで楽天を退団した松井稼頭央【写真:荒川祐史】

日本球界を代表するスーパースターが15年ぶりに帰還

 かつて日本球界を代表するスーパースターとして所沢を沸かせた男が、15年ぶりに帰ってくる。今季限りで楽天を退団した松井稼頭央外野手が、埼玉西武に復帰した。1994年から2003年まで10年間にわたって在籍し、走・攻・守の全てが揃った名遊撃手として圧倒的な活躍を見せた松井稼の帰還は、若い選手が多い現在の埼玉西武にとって、この上なく大きな「補強」となるかもしれない。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 名門・PL学園で投手として活躍した松井稼は、野手として1993年のドラフト3位で西武に入団する。類い稀な野球センスに加え、プロ入り後にそれまで未経験だった遊撃守備と両打ちをものにする不断の努力が実り、2年目には早くも1軍に定着。田辺徳雄氏や奈良原浩氏といった名手たちとのポジション争いを制して正遊撃手の座をつかむと、そのまま球界を代表するプレーヤーへの階段を一気に駆け上がっていった。

 1996年から8年連続で全試合に出場し、1997年から3年連続で盗塁王に輝く。同年からは7年連続でシーズン150安打以上を記録、最多安打も2度獲得。1998年にはリーグMVPを受賞し、2002年には36本塁打、33盗塁、打率.332で、スイッチヒッターとしては史上初となるトリプルスリーを達成する。ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞4回。走攻守における輝かしい記録は枚挙に暇がなく、人目を惹く容貌と華のあるプレーでもファンを魅了しつつ、球団の枠を越えたスーパースターとして長く活躍を続けた。

 2004年に渡米してからは相次ぐ怪我に悩まされ、二塁手への転向も余儀なくされる。だが、2007年には104試合で118安打、32盗塁、打率.288という好成績を残し、ロッキーズのワールドシリーズ進出に大きく貢献した。MLBでの7年間で通算615安打、32本塁打、102盗塁をマークし、世界最高峰の舞台でも確かな足跡を残している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」