野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

V逸楽天の戦力整理 ドラ1右腕含む大量10選手以上に戦力外、松井稼も退団

天国と地獄。パ・リーグ3位に終わった楽天にとっては、その両面を味わう2017年となった。8月まで首位を走りながら、そこから大失速。2度の大型連敗があり、首位から陥落すると、追い上げてきた西武にもかわされ、3位でペナントレースを終えた。クライマックスシリーズではファーストステージで西武を下してファイナルステージに進出。ソフトバンクとの頂上決戦でも2連勝スタートを切ったが、そこから3連敗。シーズンの縮図のような戦いになってしまった。

今季限りで楽天を退団した松井稼頭央【写真:荒川祐史】
今季限りで楽天を退団した松井稼頭央【写真:荒川祐史】

松井稼はコーチ就任を断り、古巣西武で現役続行

 天国と地獄。パ・リーグ3位に終わった楽天にとっては、その両面を味わう2017年となった。8月まで首位を走りながら、そこから大失速。2度の大型連敗があり、首位から陥落すると、追い上げてきた西武にもかわされ、3位でペナントレースを終えた。クライマックスシリーズではファーストステージで西武を下してファイナルステージに進出。ソフトバンクとの頂上決戦でも2連勝スタートを切ったが、そこから3連敗。シーズンの縮図のような戦いになってしまった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 リーグ優勝へ再挑戦となる2018年に向け、このオフは大ナタを振るった。金刃憲人投手や武藤好貴投手、久保裕也投手、中川大志内野手など、大量10選手以上に戦力外通告を行い、久保、石橋良太投手、宮川将投手、入野貴大投手とは新たに育成契約を結んだ。育成選手では2005年の高校生ドラフト1位の片山博視投手や伊藤亮大内野手、北川倫太郎外野手を戦力外とした。

 コーチ就任を打診した松井稼頭央外野手は現役続行を希望。退団し、古巣・西武に復帰することが決まった。西田哲朗内野手は山下斐紹捕手とのトレードが成立し、ソフトバンクへの移籍が決定した。

 今季限りで戦力外や、退団となった主な選手の実績を振り返って見る。

◯松井稼頭央(退団、西武に復帰)
 プロ24年目。NPB通算1883試合7151打数2084安打201本塁打835打点、打率.291。1993年のドラフト3位でPL学園高から西武に入団。2002年にスイッチヒッターとして初のトリプルスリーを達成し、7年連続3割、7年連続150安打など数々の輝かしい成績を残した。2004年に米MLBのメッツへと移籍。その後ロッキーズ、アストロズと渡り歩き、2011年に楽天に加わった。MLBでの通算成績は630試合2302打数615安打32本塁打211打点、打率.267。盗塁王3回、最多安打2回、シーズンMVP1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞4回。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」