野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打率4割超4人、防御率0.00が7人…期待の若手躍動、数字で振り返る稲葉ジャパン

16~19日に東京ドームで行われた「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の侍ジャパンの活躍を数字で振り返っておこう。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

攻撃陣はそれぞれが役割発揮、つながりのある打線に

 16~19日に東京ドームで行われた「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の侍ジャパンの活躍を数字で振り返っておこう。

 今回は24歳以下、あるいは入団3年未満の若手選手から選ばれた。オーバーエイジ枠で山川穂高、又吉克樹、甲斐拓也が参戦している。

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

【野手成績】

◯内野手
西川龍馬(広)3試11打7安1本3点1盗 打率.636
外崎修汰(西)3試13打6安1本4点1盗 打率.462
松本剛(日)3試10打4安0本2点0盗 打率.400
山川穂高(西)3試14打3安1本4点0盗 打率.214
京田陽太(中)3試13打2安0本4点1盗 打率.154
源田壮亮(西)3試6打0安0本0点0盗 打率.000
中村奨吾(ロ)1試1打1安0本0点1盗 打率1.000

◯外野手
上林誠知(ソ)3試11打2安1本4点0盗 打率.182
桑原将志(De)2試5打1安0本0点0盗 打率.200
オコエ瑠偉(楽)2試1打0安0本0点0盗 打率.000

◯捕手
近藤健介(日)3試12打7安0本0点0盗 打率.583
甲斐拓也(ソ)2試4打0安0本0点0盗 打率.000
田村龍弘(ロ)2試3打1安0本1点0盗 打率.333
若月健矢(オ)1試0打0安0本0点0盗 打率.000

 稲葉新監督は、選出した選手すべてに経験を積ませることの大変さを実感したことだろう。近藤健介はDHで起用された。京田、源田の新人遊撃手コンビは、起用するポジションで苦心していた。

 広島の西川は7安打1四球と8度出塁し4得点。西武の源田は無安打に終わったが、3四球を選び2得点。そして西武の外崎、山川、中日の京田、ソフトバンクの上林が4打点。塁に出るべき選手が出塁し、ポイントゲッターが打線に分散して機能していたのが強みだった。上位から下位まで、打線につながりがあったと言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」