野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS敗退の阪神の戦力整理 生え抜きベテラン2選手ら引退、戦力外は3選手のみ

強力な救援陣を擁し、セ・リーグ2位に食い込んだ阪神。連覇を果たした広島には10ゲーム差をつけられたものの、78勝を挙げて3年ぶりに貯金を作った。

阪神の今オフの引退、戦力外、育成契約一覧
阪神の今オフの引退、戦力外、育成契約一覧

3年ぶりの貯金も広島とは10ゲーム差…CS敗退で悔しい幕切れ

 強力な救援陣を擁し、セ・リーグ2位に食い込んだ阪神。連覇を果たした広島には10ゲーム差をつけられたものの、78勝を挙げて3年ぶりに貯金を作った。クライマックスシリーズはファーストステージでDeNAに敗れて涙を飲んだが、一定の収穫も得た2017年シーズンだったのではないだろうか。

 2005年以来遠ざかっているリーグ優勝を狙う阪神は、来季に向けてオフの戦力整備に取り掛かっている。ベテランの高宮和也投手、柳瀬明宏投手、そして田面巧二郎投手の3投手に戦力外通告を行い、歳内宏明投手、横田慎太郎外野手の2人はリハビリのために育成契約に切り替えた。

 さらに長らくチームを支えた安藤優也投手、新井良太内野手、狩野恵輔外野手と、一気に3選手がユニホームを脱ぐことに。安藤、新井はそれぞれコーチに就任し、後進の育成に励む。外国人に関しては、メッセンジャーは2年契約のため残留。ドリス、マテオも残留濃厚とされているが、その他の助っ人とともに正式に発表はなされていない。

 ここでは今季限りで引退する選手や、戦力外となった選手の実績を振り返ってみる。

◯安藤優也(引退、2軍コーチ就任)
 プロ16年目。通算486試合登板、77勝66敗76ホールド11セーブ、防御率3.56。大分雄城台高から法政大、トヨタ自動車を経て、2001年ドラフト自由枠で阪神入り。1年目から17試合に登板し、中継ぎとなった2年目は51試合で投げた。2005年からは先発となり、2年連続2桁勝利をマーク。2008年には自己最多の13勝をあげた。2013年には中継ぎに再転向し、そこから4年連続で50試合に登板。今季の1軍登板は引退試合となった10月10日の中日戦の1試合のみだったが、プロ16年間全シーズンに1軍で1試合以上登板した。

人気記事ランキング