野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「50発」「広背筋」「ピョン吉」…楽天新入団10選手の売り、目標、要望は?

楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内のホテルで行われた。ドラフト1位・近藤弘樹投手(岡山商科大)ら10選手が意気込みなどを語った。

楽天・梨田監督と新入団選手たち【写真:高橋昌江】
楽天・梨田監督と新入団選手たち【写真:高橋昌江】

楽天新入団10選手が語ったプロ入りへの思い

 楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市内のホテルで行われた。ドラフト1位・近藤弘樹投手(岡山商科大)ら10選手が意気込みなどを語った。

〇ドラフト1位・近藤弘樹投手(岡山商科大)

「楽天野球団の一員になったんだなという気持ちになっています」と心境を語った最速153キロ右腕・近藤は「僕のアピールポイントはまっすぐだと思う。普段はボーッとしていたり、ほのぼのした性格だと思っていますが、マウンドに立つと闘志むき出しで相手バッターをつぶすくらいの気持ちで投げています」とマウンド度胸満点だ。対戦したい打者を問われると、「同じパ・リーグで今年のドラフトの目玉であった清宮(幸太郎)選手と対戦したい」と、7球団が競合した高校通算111本塁打を放った清宮との対決を熱望。12番の背番号になり、「開幕1軍を目指して頑張っていきたいです。ローテーションに入って、背番号12を超える勝利を挙げられるように頑張っていきたいと思います」と2桁勝利を誓った。

〇ドラフト2位・岩見雅紀外野手(慶大)

 東京六大学リーグで歴代3位の21本塁打を放ち、リーグの年間本塁打記録を12本で更新。球団待望の和製大砲として期待される岩見は「僕のアピールポイントはバッティングとパワー。すべてのプレーにおいて全力で取り組みたいと思っている」と話す。米大リーグで歴代4位の通算696本塁打を放った、憧れのアレックス・ロドリゲス(元ヤンキース)と同じ背番号13をプロでも背負えることになった。「13番は大学時代から付けさせていただいているので、非常に感謝しています。また、ずっとA・ロッド選手が好きだと公言していますが、負けないくらい活躍できるように頑張っていきたい」と意気込んだ。「1軍キャンプに参加すること、開幕1軍に入ることと段階的に目標を立て、最終的に新人王を目指し、1つ、1つ頑張っていきたい」と、着実に目標に近づいていく。

〇ドラフト3位・山崎剛(国学院大)

 走攻守の三拍子が揃う山崎は「小さい頃からの夢であったプロ野球選手になれたことは嬉しく思います。スタートラインに立ったので、結果を残して這い上がってやっていきたい」と気を引き締めた。東都大学リーグで史上24人目の通算100安打を達成した好打者。背番号は「34」になり、「34番はメジャーリーガーのブライス・ハーパー選手がいますが、そういうタイプではないので、アルトゥーベ選手みたいになれるようにやっていきたいです」と話した。ファンからの呼び名を問われると、「(阪神の)西岡剛選手がツヨシという名前でいるので、後ろを伸ばして“ツヨシー”がいいです」と笑いを誘った。1軍キャンプ入りを目指すことも話し、「1年目から活躍できるようにやっていきたい」と力強く誓った。

〇ドラフト4位・渡邊佑樹投手(横浜商科大)

 最速144キロ左腕・渡邊は「楽しみな気持ちと不安な気持ちと両方ありますが、しっかりと1軍で活躍できるよう頑張っていきたいです」とスタートラインに立った。辛島、塩見に続くサウスポーとして期待される。背番号も左腕を象徴する「47」になり、「どこの球団も左のピッチャーが付けているというイメージがあるので、その自覚と責任を持って頑張っていきたいです」。対戦したい打者は富士学苑高時代に対戦しているという日本ハム・渡邉諒(東海大甲府)。「高校の時に打たれているので、抑えて勝ちたいです」とプロでのリベンジを誓った。日本ハム・渡邉は茨城県出身。山梨県出身者で唯一のプロ選手の渡邊は「開幕1軍、そしてローテーション入りを目指して頑張ってやっていきたいです」と抱負を語った。

人気記事ランキング