野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 元虎ゴメス、元Gオビスポはドミニカでプレー、各国WLで奮闘のお馴染み助っ人

元虎ゴメス、元Gオビスポはドミニカでプレー、各国WLで奮闘のお馴染み助っ人

PBやメジャーリーグは今季の全日程が終了したが、世界を見渡せば、現在も熱戦が繰り広げられている舞台がある。各国で行われているウインターリーグ(WL)もその一つだ。現在、DeNAの乙坂智外野手らが活躍しているメキシコをはじめ、ドミニカ共和国、ベネズエラのウインターリーグに参加しているNPB“お馴染み助っ人”を見てみたい。

ドミニカWLではオビスポらがプレー、ベネズエラWLではモスコーソも登板

【ドミニカ共和国】
〇ウィルフィン・オビスポ(エストレージャス・オリエンタレス)
巨人、日本ハムで通算4シーズンプレーし、32登板で8勝4敗、2ホールド、防御率4.13だった。ここ10試合では0勝0敗、7セーブ、防御率0.96となっている。

〇アレクシス・キャンデラリオ(エストレージャス・オリエンタレス)
今季西武でプレーしたが1試合の登板にとどまり、0勝1敗、防御率21.00だった。ここまで6試合に登板し、2勝1敗、防御率4.79となっている。

〇マウロ・ゴメス(レオネス・デル・エスコヒード)
2014年から阪神で3シーズンプレー。通算425試合で打率.270、65本塁打、260打点をマークした。ここ10試合では打率.214、0本塁打、1打点となっている。

〇フランク・ガルセス(トロス・デル・エステ)
今季西武でプレー。18登板で2勝2敗、防御率6.39だった。ここまで5試合に登板し、0勝0敗、防御率1.69となっている。

〇ラウル・バルデス(トロス・デル・エステ)
中日で2015年から3シーズンプレー。通算65登板で17勝24敗、防御率3.49の成績を収めた。ここまでは5試合に登板し、0勝3敗、防御率2.73となっている。

【ベネズエラ】
〇ロムロ・サンチェス(アギラス・デル・スリア)
2011年に楽天に所属。通算15登板で0勝2敗、防御率4.96の成績だった。ここ10試合では0勝1敗、防御率4.70となっている。

〇フェリペ・ポーリーノ(ブラボス・デ・マルガリータ)
2016年途中から西武でプレー。9登板で0勝6敗、防御率4.70だった。ここ10試合では1勝2敗、1セーブ、防御率6.75となっている。

〇ウィンストン・アブレイユ(カリベス・デ・アンソアテギ)
2008年にロッテでプレー。20登板で1勝2敗6ホールド、防御率3.32だった。ここまで4試合に登板し、0勝1敗、防御率13.50となっている。

〇ギジェルモ・モスコーソ
2014年から3シーズン、DeNAに所属。通算52登板で17勝22敗2ホールド、防御率4.27の成績だった。ここ10試合では2勝1敗、防御率1.45となっている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」