野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 元虎ゴメス、元Gオビスポはドミニカでプレー、各国WLで奮闘のお馴染み助っ人

元虎ゴメス、元Gオビスポはドミニカでプレー、各国WLで奮闘のお馴染み助っ人

PBやメジャーリーグは今季の全日程が終了したが、世界を見渡せば、現在も熱戦が繰り広げられている舞台がある。各国で行われているウインターリーグ(WL)もその一つだ。現在、DeNAの乙坂智外野手らが活躍しているメキシコをはじめ、ドミニカ共和国、ベネズエラのウインターリーグに参加しているNPB“お馴染み助っ人”を見てみたい。

楽天・アマダ―はメキシコのウインターリーグに出場【写真:荒川祐史】
楽天・アマダ―はメキシコのウインターリーグに出場【写真:荒川祐史】

メキシコWLにはベタンコート、アマダーらも参加

 NPBやメジャーリーグは今季の全日程が終了したが、世界を見渡せば、現在も熱戦が繰り広げられている舞台がある。各国で行われているウインターリーグ(WL)もその一つだ。

 メジャーリーグやNPBで戦いを終えた選手たちも参加しており、参加者には日本で馴染みのある選手も多い。ここでは現在、DeNAの乙坂智外野手らが活躍しているメキシコをはじめ、ドミニカ共和国、ベネズエラのウインターリーグに参加しているNPB“お馴染み助っ人”を見てみたい。

【メキシコ】
〇ユニエスキー・ベタンコート(アギラス・デ・メヒカリ)
2014年にオリックスに加入したが18試合の出場のみでシーズン途中に退団した。現在、35歳。現地21日までの10試合で打率.237、0本塁打、2打点となっている。

〇ジャフェット・アマダー(チャロス・デ・ハリスコ)
2016年から楽天でプレー。2シーズンで打率.242、32本塁打、84打点を記録した。ウインターリーグではここ10試合で打率.143、1本塁打、4打点となっている。

〇アガスティン・ムリーヨ(チャロス・デ・ハリスコ)
2015年途中に楽天に加入したが、9試合の出場のみで退団。打率.313、0本塁打、1打点の成績だった。ここ10試合では打率.258、1本塁打、5打点となっている。

〇ミゲル・メヒア(ディアブロス・ロホス・デル・メヒコ)
2015年に西武に入団したが、4登板で防御率14.73という成績に終わった。ここ10試合では0勝0敗、防御率0.93となっている。

〇バーバロ・カニザレス(ヤキス・デ・オブレゴン)
2014年から3シーズン、ソフトバンクに所属。通算38試合で打率.259、1本塁打、8打点だった。37歳のベテランはここ10試合で打率.111、0本塁打、1打点となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」