野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 日か米か…4割&MVP連発で陽岱鋼と並ぶヒーロー、台湾“大王”の気になる去就

日か米か…4割&MVP連発で陽岱鋼と並ぶヒーロー、台湾“大王”の気になる去就

11月16日から19日まで開催された「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」では、チャイニーズ・タイペイは0勝2敗で3位に終わったが、その中でベストナインに選ばれたのが、ワン・ボーロン(王柏融)だ。

台湾で雑誌の表紙を飾る人気を持つ王柏融【写真:広尾晃】
台湾で雑誌の表紙を飾る人気を持つ王柏融【写真:広尾晃】

2年連続打率4割でMVP、海外移籍の噂も絶えず

 2015年は後半戦から出場したが、翌2016年にワンが残した成績は驚異的だった。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

116試合483打数200安打29本塁打105打点 打率.414

 安打数と打率はCPBL新記録。新人王とMVPをダブル受賞し、王大王(ワンダーワン)と呼ばれ、一躍、陽岱鋼と並ぶ台湾のヒーローになった。雑誌の表紙を飾るなど、人気はアイドル並みとなる。

 2年目の2017年の成績もすさまじかった。

115試合437打数178安打31本塁打101打点 打率.407

 2年目は3冠王、文句なしで2年連続MVPに輝いた。

 2017年春に開催された第4回WBCでも、ワンは中心選手として活躍するはずだったが、Lamigoモンキーズが代表チームに協力しないことを表明。ワンも不参加で終わった。

 アジアチャンピオンシップはフル代表の大会ではなかったが、ワンは日本や韓国の若手たちに伍しての活躍が期待された。日本戦では、左腕今永の投球に攻めあぐねるシーンが見られた。2試合で6打数2安打はやや物足りない成績ではあるが、ワンがチャイニーズ・タイペイで頭抜けた選手であることは間違いない。

 プロ入り3年目にして、すでにCPBLでは全てをやりつくした感があるだけに、移籍の噂も絶えない。彼自身も、世界の舞台で活躍したい希望を持っている。

 ワン・ボーロンが活躍する次なるステージは、NPBか、MLBか。その去就が気になるところだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」