野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

俊足好守の両打ち 楽天の田中マー君ならぬ“カー君”、定位置奪取なるか

2016年にドラフト3位で楽天に入団した田中和基外野手。ルーキーイヤーの今季は51試合に出場し、値千金のプロ初本塁打も放った。1軍定着とまではいかなかったものの、持ち味の俊足と堅実な守備、愛されるキャラクターで存在感を発揮したシーズンだったと言える。

楽天・田中和基【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・田中和基【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

猛勉強で立教大へ、東京六大学リーグでは両打席本塁打も記録

 2016年にドラフト3位で楽天に入団した田中和基外野手。ルーキーイヤーの今季は51試合に出場し、値千金のプロ初本塁打も放った。1軍定着とまではいかなかったものの、持ち味の俊足と堅実な守備、愛されるキャラクターで存在感を発揮したシーズンだったと言える。

 田中は福岡県出身。中学を卒業する頃にはプロ野球選手になる未来を現実的には想像しておらず、大学進学を目指して県内トップクラスの進学校を受験した。第1志望は、東京大学の合格者を多数輩出している修猷館高校だったというのだから驚きだ。結局西南学院高校に進学しているが、こちらも県内有数の名門校。ただ、野球においては無名だった。

 高校では理系に在籍し、指定校推薦で立教大学へ進学するため文系に転部。3年時に左足を負傷、そのリハビリ期間に猛勉強したと言い、非常に優秀な成績を収めて大学進学を決めた。東京六大学リーグでは走・攻・守においていずれも高い潜在能力を見せ、中高からエリート街道を歩んできた他の選手を抜き去ってドラフト候補に挙げられるようになる。4年時から本格的にスイッチヒッターに挑戦し、春には両打席本塁打も放った。同期には澤田圭佑投手(現・オリックス)、田村伊知郎投手(現・埼玉西武)らがいた。

 担当スカウトから「強肩、俊足、そして何より右でも左でも本塁打が打てることが彼の最大の魅力です。トリプルスリーを目指せる選手」と評価され、2016年ドラフト3位で楽天に入団。5月17日の北海道日本ハム戦で1軍デビューを果たす。5月19日の千葉ロッテ戦では代走起用され、50メートル5秒9の快足を飛ばしてプロ初盗塁を決めた。さらに、相手投手の暴投の隙に進塁し、藤田選手の一ゴロの間に好走塁で同点のホームを踏む。

 その試合では結果的にチームは敗れたが、翌日の同じく千葉ロッテ戦で、田中の名前は一躍知れ渡った。両チーム無得点で迎えた延長12回表、2死一塁の場面で右打席に立つと、フルカウントから土肥の直球を力強く引っ張る。打球はぐんぐん伸びて楽天ファンの待つ左翼席中段に飛び込む勝ち越し2ランに。プロ初本塁打が値千金の決勝弾となり、引き分けゲームセットも見えてきた長い試合に終止符を打った。

人気記事ランキング