野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

11選手に戦力外、ドラ1ら14年指名の4人放出 セ6位ヤクルトの戦力整理

不振に喘ぎ続けた1年だった。45勝96敗2分の借金51、勝率.319でセ・リーグ最下位に終わったヤクルト。5位の中日とも「15.5」ものゲーム差が開いた。2015年にはリーグを制覇しながら、昨季の5位、そして今季と転落が続いている。

ヤクルトの今オフ動向一覧
ヤクルトの今オフ動向一覧

打率&防御率リーグワーストで借金51のヤクルト、14年ドラ1竹下は1軍登板1試合で戦力外に

 不振に喘ぎ続けた1年だった。45勝96敗2分の借金51、勝率.319でセ・リーグ最下位に終わったヤクルト。5位の中日とも「15.5」ものゲーム差が開いた。2015年にはリーグを制覇しながら、昨季の5位、そして今季と転落が続いている。

【PR】「DAZN」ならヤクルト戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 10連敗、14連敗と2度の大型連敗も喫した今季のチーム打率.234、チーム防御率4.21はともにリーグワースト。主砲の山田哲人も開幕から大不振に陥り、さらには主力選手に相次いで負傷者が出て戦力が整わなかったことも大きな低迷の要因になった。この苦しい状況を脱却するのは、並大抵のことではないだろう。

 巻き返しを図りたい2018年に向けて、大幅な戦力整理に踏み切った。今オフは育成選手を含め、実に11選手に戦力外を通告した。その中には、ドラフト1位だった竹下真吾投手をはじめ、2014年のドラフトで指名した4選手(支配下3人、育成1人)も含まれていた。ドラフトでは1位の九州学院・村上宗隆捕手をはじめ8選手を指名し、無償トレードでソフトバンクから山田大樹投手を、西武を戦力外となった田代将太朗外野手をそれぞれ獲得。このテコ入れが実るだろうか。

 ここでは、このオフに引退や戦力外となった選手たちのこれまでの成績を振り返ってみたい。

○竹下真吾(戦力外)

 プロ3年目。通算1試合登板、0勝0敗0ホールド0セーブ、防御率13.50。八幡高、九州共立大、ヤマハと渡り、2014年のドラフト1位でヤクルトに入団。即戦力として期待されたが、故障などもあり、1年目の1軍登板はなし。2年目の昨季にプロ初登板を果たしたが、2回2/3を投げて2本塁打6四球で4失点と炎上。その後1軍登板はなく、今季も1軍登板無し。わずかプロ3年で戦力外を通告された。

○土肥寛昌(戦力外、引退)

 プロ3年目。通算8試合登板、0勝0敗0ホールド0セーブ、防御率6.10。埼玉栄高から東洋大、Honda鈴鹿を経て2014年のドラフト6位でヤクルトへ。2年目の昨季に1軍デビューを果たしたものの、4試合で防御率8.44。今季も4試合登板だけに終わり、目立った成績はないまま、オフに戦力外通告を受けた。

○日隈ジュリアス(戦力外、育成再契約)

 プロ2年目。1軍出場なし。高知中央高から2015年ドラフト4位で入団。1年目は左肘痛のためイースタンリーグ1試合のみの登板に終わり、8月末に左肘関節のクリーニング手術を受けた。今季も左肘を故障し、5月に左肘の靱帯再建手術、いわゆるトミー・ジョン手術を受けた。全治1年との診断で、1軍登板はもちろん、イースタンリーグでの登板もなし。戦力外となり、育成選手として再契約を結んだ。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬