野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

来季はともに更なる躍進へ 田中将大、ヤンキースと楽天は「似た部分ある」

ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣・楽天の本拠地Koboパーク宮城で自主トレを行った。

Koboパーク宮城でキャッチボールをするヤンキース・田中将大【写真:編集部】
Koboパーク宮城でキャッチボールをするヤンキース・田中将大【写真:編集部】

古巣の本拠地を訪問、ヤンキース世界一へ「距離は縮まった」

 ヤンキースの田中将大投手が30日、古巣・楽天の本拠地Koboパーク宮城で自主トレを行った。今季はリーグ優勝決定シリーズに進出し、ワールドシリーズまであと1勝というところまで迫りながら、世界一に輝いたアストロズの前に3勝4敗で敗退。ただ、伸び盛りの選手が揃うヤンキースは来季以降も躍進が期待される。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を行使せず、残留を決断した右腕は、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルでソフトバンクに敗れた楽天とヤンキースについて、「似た部分がある」と表現。自身初の世界一へ向けて「今年で距離は縮まったと思う」と手応えを示すとともに、あらためて意欲を見せた。

 毎年恒例となっている仙台訪問。Koboパーク宮城の室内練習場に姿を見せた田中は筋力トレやキャッチボールで汗を流した。「こうして毎年、みなさんと会うことができて本当にありがたく思いますし、そう迎えてもらえるような選手であり続けられるようにこれから頑張りたいです」。7年間在籍した古巣への愛着は当然、薄れることはない。

 今季はレギュラーシーズンで好不調の波が激しく、苦しい時もあった。しかし、ポストシーズンでは圧巻のピッチングを披露。2連敗で迎えたインディアンスとの地区シリーズ第3戦では、7回3安打無失点の快投で崖っぷちのチームを救い、大逆転突破への流れを作った。リーグ優勝決定シリーズ第1戦では6回2失点ながら敗戦投手となったものの、2勝2敗で迎えた第5戦では7回3安打無失点と再び快投。王手をかけたチームはその後2連敗で敗退したが、田中のポストシーズンでの成績は3試合で2勝1敗、防御率0.90、WHIP(1イニング当たりの四球+安打)0.65とまさに圧巻だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」