野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

球団ワースト96敗を喫したセ最下位ヤクルト 7人いた助っ人は働いたか?

どん底の1年だった。2015年に76勝を挙げてリーグを制覇したヤクルトだったが、その翌年の2016年には64勝で5位に転落。そして、今季はさらに数字を落とした。45勝96敗2分で借金51。シーズン96敗は球団ワースト記録を更新する不名誉な記録まで残してしまった。

ヤクルト・バレンティン【写真:荒川祐史】
ヤクルト・バレンティン【写真:荒川祐史】

主力に怪我人続出で借金51、5位中日とも15.5ゲームの大差

 どん底の1年だった。2015年に76勝を挙げてリーグを制覇したヤクルトだったが、その翌年の2016年には64勝で5位に転落。そして、今季はさらに数字を落とした。45勝96敗2分で借金51。シーズン96敗は球団ワースト記録を更新する不名誉な記録まで残してしまった。

 序盤から負傷者が続出したことが痛かった。川端や雄平、小川、秋吉と、チームの核となるべき選手たちが次々に離脱。屋台骨を欠き、次々に黒星を重ねていった。5月末から6月にかけて10連敗、7月にはこれを上回る14連敗を喫した。5位の中日との差でさえ、15.5ゲーム開いていた。

 チーム打率、チーム防御率ともにリーグワースト。95本塁打は12球団でロッテとともに最少であった。助っ人外国人においても、今季7選手が1軍でプレーしながらも、チームを浮上させるほどの目立った活躍をした選手はいなかった。投手陣で光明を感じさせたブキャナンは先発ローテを守り、小川の8勝に次ぐ6勝をマーク。25試合で16度のクオリティースタートを記録しており、低迷していたチーム状況を鑑みれば、奮闘したと言えるのではないか。

 ルーキも主にセットアッパーとして22ホールド7セーブをマークし、苦しいチームの中で数字を残した。ギルメットは開幕から中継ぎを務めたが、結果を残せずに2軍暮らしとなり、終盤は先発でマウンドに上がっていた。オーレンドルフは開幕から4試合に先発して1勝も出来ないままにファームへ降格し、そのまま1軍での登板機会は巡ってこなかった。

人気記事ランキング