野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 過去5年のFA移籍選手の成績は? 阪神・高橋聡は新天地で復活【セ・リーグ編】

過去5年のFA移籍選手の成績は? 阪神・高橋聡は新天地で復活【セ・リーグ編】

師走に入って球界はストープリーグの話題に包まれている。その中の1つがFA権を行使した選手たちの動向である。長らくチームの一線級で活躍をしてきた選手の権利と言えるFA権。では、移籍を決断した後、選手たちはどれほの結果を残しているのだろうか。

阪神からFAでDeNAに加入した久保康は移籍1年目に2桁勝利【写真:編集部】
阪神からFAでDeNAに加入した久保康は移籍1年目に2桁勝利【写真:編集部】

2012年以降、巨人を除くセ・リーグ球団へFA移籍したのは7選手

 師走に入って球界はストープリーグの話題に包まれている。その中の1つがFA権を行使した選手たちの動向である。長らくチームの一線級で活躍をしてきた選手の権利と言えるFA権。では、移籍を決断した後、選手たちはどれほの結果を残しているのだろうか。

 2012年から2016年の過去5年間でFA権を行使し、国内他球団に移籍した選手は全部で25人(宣言残留、MLB挑戦は除いている)。同一リーグでの移籍は14選手、セ・リーグ→パ・リーグは3選手、パ・リーグ→セ・リーグが8選手となっており、巨人への移籍が12球団の中で最も多い8選手となっている。

 最多の8選手を迎え入れていた巨人編、そしてパ・リーグ編に続いて、今回は移籍先球団がセ・リーグだった選手たちを見ていこう。2012年から新天地を巨人を除くセ・リーグ球団に求めた選手は7選手。その選手たちの移籍前後の成績は以下のようになっている。(※金額は推定)

【2012年】
○日高剛(オリックス→阪神)2014年オフに現役を引退
2011(オ)26試合44打数3安打0本塁打2打点0盗塁 .068
2012(オ)52試合117打数28安打1本塁打8打点0盗塁 .239
2013(神)44試合97打数28安打2本塁打7打点1盗塁 .289
2014(神)2試合0打数0安打0本塁打0打点0盗塁 .000

 1995年のドラフト3位で九州国際大付高からオリックスへ入団。3年目に1軍デビューすると、徐々に出番を増やして正捕手の座を掴む。2005年オフに一度FA権を行使したが、その際はオリックスに宣言残留した。2008年にキャリアハイとなる134試合に出場して打率.269もマークした。その後徐々に出番が減ると2012年オフに権利を行使して阪神へ移籍したが、目立った活躍は出来ず。移籍2年目の2014年オフに現役を引退した。

人気記事ランキング