野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元エンゼルス高橋尚成氏、大谷の成功に太鼓判「本当にいいチームを選んだ」

元エンゼルス高橋尚成氏、大谷の成功に太鼓判「本当にいいチームを選んだ」

9日(日本時間10日)にエンゼル・スタジアムで入団会見を行い、早くもファンの心を鷲掴みにした大谷翔平投手。ほぼ全球団が獲得に動く中、エンゼルス移籍を選択した右腕について、“先輩”の高橋尚成氏がその決断に太鼓判を押している。

エンゼルスで2年プレーした高橋尚成氏【写真:Getty Images】
エンゼルスで2年プレーした高橋尚成氏【写真:Getty Images】

エンゼルスで2年間プレー「日本人はすごく住みやすい環境」

 9日(日本時間10日)にエンゼル・スタジアムで入団会見を行い、早くもファンの心を鷲掴みにした大谷翔平投手。ほぼ全球団が獲得に動く中、エンゼルス移籍を選択した右腕について、“先輩”の高橋尚成氏がその決断に太鼓判を押している。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 高橋氏は2009年オフに海外FA権を行使して巨人からメッツに移籍。メジャー1年目で53試合に登板し、10勝6敗8セーブ3ホールド、防御率3.61という好成績を残した。そして、10年オフにはエンゼルスに2年契約で入団。ブルペンを支えた。

 この日、現地で大谷の入団会見を見届けた高橋氏。エンゼルス入りの決断については「率直にびっくりですよね。エンゼルスの名前自体があまり出てなかったので、まさかなと思ってましたけど」としつつ、温暖なアナハイムの環境がいかに素晴らしいかを力説した。

「やっぱりここの気候だったり、日本人のコミュニティーはすごく大きい。日本人はすごく住みやすい環境だと思います。監督、コーチ、GM、オーナーが本当に良いプレゼンをしたのではないでしょうか。大谷くんにとって、かなりやりやすい環境じゃないかなと思います」

 メジャーへの適応については「アメリカと日本の環境の(違いの)大きさはすごくあると思うので、あまりにも日本らしく、日本っぽくやろうとすると、こっちに合わなかったりすると思う。僕自身もそうでしたけど『なるようになる』という感じでいったほうがいい」と“助言”。その上で「そういう意味では、会見を聞いていたら、すごくその感じが出ていた。冗談を交えながら、彼の人柄が出ていた」と、入団会見の受け答えに感心した様子だった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬