野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

近年は主力候補が続々と入団 オリックス、過去10年のドラフト査定

オリックスは毎年、はっきりした補強ポイントをもってドラフトに臨んでいる。しかし近年は、そうして獲得した選手から主力級がなかなか育たなかった。そのためもあって12球団で唯一、CSファイナルステージに進出していない。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

12球団で唯一CSファイナル進出なしも…最近は明るい兆し?

 オリックスは毎年、はっきりした補強ポイントをもってドラフトに臨んでいる。しかし近年は、そうして獲得した選手から主力級がなかなか育たなかった。そのためもあって12球団で唯一、CSファイナルステージに進出していない。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 しかし最近になって、少し明るい兆しが出てきつつあるところだ。

 過去10年のドラフト実績を見ていこう。※は現時点でのNPB現役選手。

◯2008年
1位・甲斐拓哉 投 東海大学付属第三高(1軍出場なし)
2位・伊原正樹 投 関西国際大学・12試0勝6敗0S0H 防御率6.65
3位・西勇輝 投 菰野高・184試64勝52敗1S1H 防御率3.25※
4位・高島毅 内 青山学院大学(1軍出場なし)
5位・西川雅人 投 愛媛マンダリンパイレーツ・14試0勝1敗0S0H 防御率6.75

 この年は5人中4人が投手。1位の甲斐は1軍で投げることなく退団。しかし3位の西が金子千尋に次ぐ先発投手に成長した。

◯2009年
1位・古川秀一 投 日本文理大学・63試0勝2敗0S5H 防御率4.48
2位・比嘉幹貴 投 日立製作所・212試15勝7敗0S45H 防御率2.75※
3位・山田修義 投 敦賀気比高・31試2勝13敗0S0H 防御率5.71※
4位・前田祐二 投 福井ミラクルエレファンツ・61試7勝7敗0S4H 防御率2.98
5位・阿南徹 投 日本通運・28試1勝0敗0S2H 防御率6.56 巨人へ

 この年は5人全員投手。2位の比嘉は救援投手として一時期活躍した。

◯2010年
1位・後藤駿太 外 前橋商業高・675試307安13本110点 24盗 打率.226※
2位・三ツ俣大樹 内 修徳高・85試13安1本6点 0盗 打率.153 中日へ※
3位・宮崎祐樹 外 セガサミー・186試116安5本39点 4盗 打率.246※
4位・塚原頌平 投 つくば秀英高・115試5勝6敗1S28H 防御率3.21※
5位・深江真登 外 明石レッドソルジャーズ・81試22安0本3点 8盗 打率.272

 一転、この年は5人中4人が野手。1位の後藤駿太は「駿太」の登録名で活躍中。3位の宮崎も外野のポジションを伺う。4位の塚原は今季、右ひじ痛のため活躍できなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」