野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定

2008年から2016年までにドラフトで入団した59人中47人が1軍でプレーしている。現役も含めて1軍未出場は12人と少ない印象だ。今オフに戦力外となった佐藤勇(引退)、田代将太郎(ヤクルトを移籍)を含め、2010年以降に入団した選手でチームを去ったのはわずか5人だけ。かなり高確率で、ドラフト指名選手を1軍の戦力へと送り出している。

西武・菊池雄星【写真:編集部】
西武・菊池雄星【写真:編集部】

2010年以降入団選手でチームを去ったのはわずか5人

 2008年から2016年までにドラフトで入団した59人中47人が1軍でプレーしている。現役も含めて1軍未出場は12人と少ない印象だ。今オフに戦力外となった佐藤勇(引退)、田代将太郎(ヤクルトを移籍)を含め、2010年以降に入団した選手でチームを去ったのはわずか5人だけ。かなり高確率で、ドラフト指名選手を1軍の戦力へと送り出している。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 日本ハム同様、獲得した選手をムダにせず、堅実にある程度の時間をかけて育てている印象だ。西武も育成選手での指名は少なく、獲得した支配下枠の選手をじっくりと育てているといえるのではないだろうか。それでは、西武の過去10年のドラフト実績を見ていこう。

※は現時点でのNPBでの現役選手。

○2008年
1位・中崎雄太 投 日南学園高 15試0勝0敗0S0H 防8.04
2位・野上亮磨 投 日産自動車 207試53勝56敗2S7H 防4.03 ※巨人へ移籍
3位・浅村栄斗 内 大阪桐蔭高 970試1003安115本518点64盗 .284※
4位・坂田遼  外 函館大学 255試179安21本99点1盗 .244※
5位・岳野竜也 捕 福岡大学 4試0安0本0点 0盗 打率.000
6位・宮田和希 投 甲賀健康医療専門学校 35試1勝0敗0S1H 防4.31

 1位の中崎は広島のクローザー中崎翔太の兄。昨季限りで西武を戦力外となり、栃木ゴールデンブレーブスで選手兼コーチを務めている。野上は今季11勝を挙げ、FAで巨人に移籍。浅村は強打の二塁手としてリーグを代表する打者となっている。

○2009年
1位・菊池雄星 投 花巻東高 135試59勝42敗1S0H 防2.71※
2位・美沢将  内 第一工業大学 6試1安0本1点 0盗 打率.083
3位・岩尾利弘 投 別府大学 48試3勝0敗0S5H 防6.11 2017年戦力外
4位・石川貢  外 東邦高 26試5安0本1点3盗 打率.119
5位・松下建太 投 早稲田大学 9試0勝1敗1S0H 防御率3.48
6位・岡本洋介 投 ヤマハ 125試13勝16敗1S12H 防御率4.80※

 今では押しも押されもせぬ球界屈指の左腕に成長した菊池が6球団競合の末にドラフト1位で入団した。3位の岩尾は今季限りで現役を引退し、打撃投手へと転身。6位入団の岡本は先発、中継ぎ問わずマウンドに上がっており、今季は自己最高の6勝をマークしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」