野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本一奪還、サファテ大記録、松坂退団…ホークスの2017年10大ニュース

2年ぶり8度目の日本一に輝き、最高の形で2017年シーズンを終えたソフトバンク。2位の西武に13.5ゲームの大差をつけるぶっちぎり優勝を飾ると、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと、その強さを十二分に見せつけて日本一を奪還した。そんなソフトバンクの2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

日本一に輝いたソフトバンクの選手たちと工藤監督【写真:藤浦一都】
日本一に輝いたソフトバンクの選手たちと工藤監督【写真:藤浦一都】

サファテは岩瀬、藤川を超え、前人未到の54セーブまで記録を伸ばす

 2年ぶり8度目の日本一に輝き、最高の形で2017年シーズンを終えたソフトバンク。夏場までは楽天との熾烈な首位争いを繰り広げたが、楽天の失速もあって終盤は一気に差を広げた。終わってみれば、福岡移転後最多となるシーズン94勝。2位の西武に13.5ゲームの大差をつけるぶっちぎり優勝を飾ると、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと、その強さを十二分に見せつけて日本一を奪還した。そんなソフトバンクの2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○2年ぶり8度目の日本一

 今季はやはり、日本一奪還が最大のニュースだろう。楽天とのCSファイナルステージでは連敗スタートを切りながら、第3戦で城所龍磨を突然先発起用し、負傷離脱していた柳田悠岐を第5戦で電撃復帰させるなど、工藤公康監督の策も的中して突破。日本シリーズでは3連勝後に2連敗し、第6戦までもつれ込んだが、最後は延長11回に川島慶三の適時打でサヨナラ勝利という劇的な形で日本一を決めた。

○サファテ日本記録更新

 日本一奪還に欠かせなかったのが、守護神サファテの存在だろう。5月末に夫人の看病のために10日間チームを離れたが、来日後に自己最多66試合に登板。9月5日のオリックス戦でシーズン47セーブ目を挙げ、2005年の岩瀬仁紀(中日)、2007年の藤川球児(阪神)を超える日本記録を樹立。その後も前人未到の50セーブを突破し、最終的には54セーブまで記録を伸ばした。日本一を決めた日本シリーズ第6戦では9回から登板。まさかの3イニングのロングリリーフで勝利のリレーをつないだ。最多セーブ王はもちろん、パ・リーグMVP、正力松太郎賞など数々の賞に輝いた。

○NPBシーズン最少記録タイの38失策

 ソフトバンクが頂点に立った1つの要因が、球史に残る鉄壁の守備陣だった。今季143試合で犯したチーム失策数は、わずか38。工藤監督や秋山幸二前監督、西武・辻発彦監督らが在籍し、当時黄金期にあった1991年の西武が記録したシーズン最少失策記録に並んだ。当時は今より13試合少ない130試合だったことを考えれば、この記録は価値はさらに高まる。チーム守備率.993はプロ野球新記録。派手さはないが、ソフトバンクの強さを示す驚異の数字と言えるだろう。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬