野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

井口引退&監督就任、歴史的大敗、謎の魚…ロッテ、2017年の10大ニュース

開幕から低迷し、最下位に終わったロッテ。歴史的な貧打に喘ぎ、なかなか浮上のキッカケを掴めなかった。ロッテファンにとっては早く忘れたいかもしれない2017年を10個のニュースで振り返ってみよう。

ロッテの監督に就任した井口資仁【写真:編集部】
ロッテの監督に就任した井口資仁【写真:編集部】

開幕から低迷したロッテ、6年ぶりの最下位に沈む

 開幕から低迷し、最下位に終わったロッテ。歴史的な貧打に喘ぎ、なかなか浮上のキッカケを掴めなかった。球団史上ワーストの87敗を喫して、伊東勤監督が辞任。今季限りで現役を引退した井口資仁内野手が新監督に就任し、浮上を目指す来季の舵取りを任されることになった。ロッテファンにとっては早く忘れたいかもしれない2017年を10個のニュースで振り返ってみよう。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○井口資仁現役引退、監督就任

 2009年にフィリーズからロッテに入団した井口。6月20日に今季限りで21年間の選手生活にピリオドを打つことを発表した。2004年まで在籍したダイエーの本拠地・福岡でのラストゲームでは、かつてチームメートだった和田から安打を放ち、和田の通算1500奪三振目となる三振を喫した。引退試合の9月24日・日本ハム戦では2点ビハインドの9回に日米通算295本目の本塁打となる起死回生の同点2ラン。チームは延長でサヨナラ勝ちし、劇的過ぎる形で引退試合を飾った。シーズン終了後に新監督就任のビッグニュースが発表された。

○チーム打率1割台

 今季は開幕から苦難のシーズンを送ることになった。オープン戦は首位だったが、開幕後にチーム状態は一変した。歴史的な貧打に喘ぎ、チーム打率はなんと1割台に低迷。しかも、それが45試合も続き、今季46試合目となった5月26日のオリックス戦でようやくチーム打率が2割台に乗った。その間に8連敗を喫するなど、上位と大きく差をつけられてしまった。

○外国人選手の不作

 昨季まで主砲だったデスパイネがソフトバンクへと移籍。代役として獲得したのがダフィーとパラデスの内野手2人だった。パラデスはオープン戦打率.304、ダフィーは2本塁打15打点で好成績を残したが、共に開幕から大不振に陥った。ダフィーは守備面でもミスを多発し、ペーニャが加入した6月中旬以降はファーム暮らし。パラデスは6月に3打席連続本塁打を放つなどしたが、シーズンを通じては期待に応えられず。両者揃って今季で退団し、パラデスは来季から韓国の斗山ベアーズに加わる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」