野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮入団、大谷の移籍、泥沼10連敗…日本ハムの2017年10大ニュース

10年ぶり日本一に輝いた昨季から一転、5位に沈んだ日本ハム。大谷翔平投手が左太もも裏肉離れで離脱、有原航平投手や中田翔内野手といった主力も不振に喘ぎ、開幕からチーム成績は低迷した。4月には10連敗を喫するなど厳しい戦いを強いられ、60勝83敗と大きく負け越し、首位ソフトバンクに34ゲームという大差をつけられた。オフには大谷がポスティングシステム(入札制度)を利用してエンゼルスへ移籍した。そんな日本ハムの2017年を10個のニュースで振り返ってみよう。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

シーズン途中でエスコバーと谷元がトレード移籍

 10年ぶり日本一に輝いた昨季から一転、5位に沈んだ日本ハム。大谷翔平投手が左太もも裏肉離れで離脱、有原航平投手や中田翔内野手といった主力も不振に喘ぎ、開幕からチーム成績は低迷した。4月には10連敗を喫するなど厳しい戦いを強いられ、60勝83敗と大きく負け越し、首位ソフトバンクに34ゲームという大差をつけられた。オフには大谷がポスティングシステム(入札制度)を利用してエンゼルスへ移籍した。そんな日本ハムの2017年を10個のニュースで振り返ってみよう。

【PR】「DAZN」なら日本ハム戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○大谷ポスティングでエンゼルス移籍

 投打の“二刀流”として数々の伝説を作った大谷。今季終了後の11月11日にポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指すと発表した。メジャーのほぼ全球団が争奪戦を繰り広げ、“書類選考”を経て7球団が直接面談。12月8日にア・リーグ西地区に属するエンゼルスへの入団が決まった。12月25日には5年間本拠地としてプレーした札幌ドームで移籍報告会見を行い、ファン約1万3000人が旅立ちの時を見守った。

○高校通算111発・清宮幸太郎入団

 大谷がチームを去ることになったが、早実の清宮幸太郎内野手という新たなスター候補が入団した。高校通算111本塁打の大型スラッガーで、10月26日のドラフト会議で7球団が競合。木田優夫GM補佐が抽選で見事に当たりクジを引き当てて、交渉権を確定させた。ドラフトの目玉を引き当てた木田GM補佐の幸運にあやかって、球団からは数々の関連グッズが売り出され、「黄金の左手像」までもが作られた。

○エスコバー&谷元トレード

 シーズン中に2度のトレードが行われた。まず、今季新加入したエドウィン・エスコバー投手が、7月6日に黒羽根利規捕手とのトレードでDeNAへ移籍。新外国人選手がトレードされることは異例で驚きを呼んだ。さらには、トレード期限の7月31日に、2009年から中継ぎ陣の柱として活躍した谷元圭介投手が中日へ金銭トレード。生え抜き選手のトレードは、再びファンに衝撃を与えた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬