野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神藤浪に「待っといて」―オリ2年目右腕・澤田、春夏連覇の盟友との約束

昨年、山岡泰輔投手や近藤大亮投手、山本由伸投手や黒木優太投手など、若手投手の台頭が目立ったオリックス。ウエスタン・リーグでチーム防御率1位を記録し、かつての投手王国復活が期待されている。その例にもれず今年の飛躍が予想される若手であり、なおかつ周囲の喧騒に惑わされることなく2年目を見据えている、澤田圭佑投手を紹介したい。

オリックス・澤田圭佑【写真提供:オリックス・バファローズ】
オリックス・澤田圭佑【写真提供:オリックス・バファローズ】

大阪桐蔭高で背番号10をつけ春夏連覇、プロ2年目を迎える澤田

 昨年、山岡泰輔投手や近藤大亮投手、山本由伸投手や黒木優太投手など、若手投手の台頭が目立ったオリックス。ウエスタン・リーグでチーム防御率1位を記録し、かつての投手王国復活が期待されている。その例にもれず今年の飛躍が予想される若手であり、なおかつ周囲の喧騒に惑わされることなく2年目を見据えている、澤田圭佑投手を紹介したい。

【PR】「DAZN」ならオリックス戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 澤田のことが語られるとき、必ずついて回るのが盟友・藤浪晋太郎投手(阪神)の存在だ。大阪桐蔭高校が甲子園春夏連覇を果たした2012年、同校のエース・藤浪を、背番号10として支え続けたのが澤田だった。澤田がいなければあの快挙は成し得なかっただろうというのは、高校野球ファンにとってはお馴染みの話題だ。2人は「さわちゃん」、「ナミ」と呼び合い、互いに敬意を表するよき友人同士でもあった。

 澤田は高校卒業後に立教大学に進学し、主将も務めながら輝かしい成績を残すと、2016年ドラフトでオリックスから8位指名を受ける。そして昨年のルーキーイヤーから見事、開幕1軍の座を手にし、楽天との開幕戦に中継ぎとして初登板。しかし、ペゲーロに決勝弾を浴び、敗戦投手に。5月5日の北海道日本ハム戦後に登録を抹消され、9月には1軍に戻ってきたものの、10月6日の福岡ソフトバンク戦で2敗目。最終的な成績は13試合0勝2敗、防御率4.15というものだった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬