左右の2年目大砲コンビ、異色経歴の育成選手も…DeNAの2018年期待の若手

アジアWLでMVP獲得の佐野、ローテ入り期待の4年目飯塚

○佐野恵太外野手
 細川が右の大砲候補なら、佐野は左の大砲候補だ。広陵高、明治大を経て、細川と同じ2016年ドラフトで9位指名を受けた。キャンプから1軍に同行し、開幕ロースター入り。3月31日の開幕ヤクルト戦で代打としてデビューも果たした。1軍では打率.095と結果を残せなかったが、イースタン・リーグでは77試合出場で、細川を上回る11本塁打を放った。オフに台湾で行われたアジアウインターベースボールリーグでは、19試合で打率.391、5本塁打、18打点の好成績をマークして大会MVPを獲得。2018年の定位置獲りに期待が集まる打者だ。

○飯塚悟史投手
 2014年ドラフト7位で日本文理高から入団した4年目右腕。188センチの長身から投げ下ろす140キロ台中盤の真っ直ぐと、大きく落ちるフォークが武器だ。昨季6月19日のオリックス戦で1軍初登板初先発すると、8月30日の中日戦で初勝利をマーク。2017年は9試合に投げて1勝3敗1ホールド、防御率4.29だった。2018年はローテーション入りが期待される若手投手の1人だ。

【番外編】
○笠井崇正投手
 2016年育成ドラフト1位で入団した右腕。旭川西高から早稲田大学へ進み、硬式野球部に入部したがすぐに退部。硬式野球サークルで野球を続けながら、独立リーグのトライアウトを受験。2016年には大学在学中ながらBCリーグ信濃に入団し、DeNAから育成ドラフト指名を受けた。1年目はイースタン・リーグ25試合で3勝3敗2セーブ、防御率3.72で、オフには台湾でのアジアウインターベースボールリーグに参加。10試合に投げて1点も与えず防御率0.00。0勝0敗2セーブ3ホールドの好成績を挙げた。まずは支配下契約が目標となるが、異色の経歴も含めて楽しみな選手だ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY