野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左右の2年目大砲コンビ、異色経歴の育成選手も…DeNAの2018年期待の若手

2017年は、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたDeNA。アレックス・ラミレス監督が就任した2016年は11年ぶりAクラスの3位でクライマックスシリーズ(CS)に進出。ラミレス体制2年目の昨季は前年と同じ3位だったものの、CSを勝ち抜いて日本シリーズへ。着実にチームのレベルアップを感じる2年間となった。

DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】
DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】

1998年以来の日本一狙うDeNA、若手台頭チームの次なる候補は…

 2017年は、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたDeNA。アレックス・ラミレス監督が就任した2016年は11年ぶりAクラスの3位でクライマックスシリーズ(CS)に進出。ラミレス体制2年目の昨季は前年と同じ3位だったものの、CSを勝ち抜いて日本シリーズへ。着実にチームのレベルアップを感じる2年間となった。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2018年はセ・リーグ2連覇の広島を王座から引きずり下ろし、1998年以来遠ざかっているリーグ優勝、日本一に挑むシーズンになる。目標を実現する戦力は整いつつあると言えるだろう。

 先発陣では石田健大、今永昇太、濱口遥大と若い左腕トリオがおり、2017年に2桁勝利を挙げた助っ人ウィーランドも残留する。そこに、2017年ドラフト1位で即戦力左腕の立命館大・東克樹を指名。リリーフ陣も守護神の山崎康晃を筆頭に若い選手が多く、さらなる上積みも期待できる。

 野手陣に目を移しても、主力どころは20歳台の選手ばかりで、ここからキャリアのピークに差し掛かってくるところだ。メキシコのウインターリーグで打率4割超の成績を残した乙坂智外野手も楽しみな存在で、より選手層は厚くなるだろう。そこで、ここでは2018年の台頭が期待される若手選手をピックアップしてみたい。

○細川成也外野手
 昨季終盤に脚光を浴びた19歳。明秀学園日立高から2016年ドラフト5位で入団。ルーキーイヤーの昨季は、イースタン・リーグで114試合に出場して打率.201、182三振ながらも、チーム2位の10本塁打をマーク。10月3日の中日戦で初出場初先発し、1打席目にいきなりバックスクリーン直撃の3ランを放ってプロ初本塁打を記録した。CSと日本シリーズでもメンバー入りして安打を放ったが、高卒新人野手がCSと日本シリーズで安打を放ったのはチーム初の快挙。まだまだ荒削りではあるものの、楽しみな打者である。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」