野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 日本の4番が誕生した「伝説の2週間」 筒香が批判を覚悟し名コーチと歩んだ軌跡

日本の4番が誕生した「伝説の2週間」 筒香が批判を覚悟し名コーチと歩んだ軌跡

今や横浜、いや日本を代表する好打者となったDeNA筒香嘉智だが、ここまでの道のりは決して平坦だったわけではない。今年でプロ9年目。名門・横浜高校から2009年ドラフト1位の鳴り物入りで入団したものの、1軍に定着したのは、つい4年前、2014年からだった。

DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】
DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】

伸び悩んだ4年目に巡り逢った大村コーチとの出会い

 今や横浜、いや日本を代表する好打者となったDeNA筒香嘉智だが、ここまでの道のりは決して平坦だったわけではない。今年でプロ9年目。名門・横浜高校から2009年ドラフト1位の鳴り物入りで入団したものの、1軍に定着したのは、つい4年前、2014年からだった。

【PR】「DAZN」ならDeNA戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 高校通算69発の肩書きに、周囲が大きな期待を寄せるのも無理はない。だが、まだ選手としても人間としても成長過程にある20歳そこそこの若者だ。1軍では思うような結果が出ず、次第に大きくなる批判と失望の声に、心は少しずつささくれ立っていた。

 3年目を迎えた2012年は、1軍で主に三塁手として出場し、初めて規定打席に達したが打率は.218。このまま期待外れの高校スターとして消えていくのか、踏みとどまって花を咲かせるのか。そんな瀬戸際に立って迎えた2013年、筒香を変える1つの出会いがあった。同年から2軍打撃コーチに就任した大村巌コーチ(現ロッテ2軍打撃コーチ)との出会いだ。筒香は今でも「大村さんとの出会いが僕を変えた。あの出会いは大きかったです」と迷いなく言い切る。

 出会うなり、手取り足取り打撃を指導したわけではない。大村コーチは当時の様子をこう振り返る。

「最初会った時は「よろしくね」くらいで全然話もしなかった。言葉は悪いようだけど、不遇な犬のように怯えた目で『またお前も俺に何か言うんだろう』って見てきてたから、これは心理状態が大変だな、と。

 ファームに来てからですよ。他の選手が少しずつ変わっていくのを見て、警戒心が強いから僕に直接ではなく、その選手に『何を教わったの?』って聞いていたらしい(笑)。そこから信頼関係を築いた感じかな」

 それでも、その年のシーズン中は一切指導はしなかったという。理由は、筒香の指導を任された1軍コーチがいるから。筒香自身から「どうなってますか?」とアドバイスを求められても「知らん。担当コーチに聞きなさい。来るべき時が来たら、俺の意見を言わせてもらう」と返すのみ。同時に、筒香が置かれた状況を客観的に分析し、「来るべき時に掛ける言葉を1年掛けて準備した」という。

 来るべき時は、その年の11月にやってきた。奄美大島で行われた1軍秋季キャンプメンバーから外された筒香は、横須賀にある2軍施設で大村コーチのマンツーマン指導を受ける“伝説の2週間”を過ごした。この時の様子を、筒香は「大村さんから『本当は何か月も掛かる取り組みを、時間がないから2週間に詰め込む。キツイけどやるか?』って言われたので『お願いします』と言いました」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」