野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスが期待する「キューバの大谷」 助っ人も育成の時代に

外国人選手は一般的に、即戦力としての働きを求められる。しかし近年は、有望な若手選手を見出し、育成に時間を費やす前提で獲得するケースも増えてきた。2017年シーズン途中に福岡ソフトバンクへ加入したオスカー・コラス選手も、その「原石」の1人だ。キューバ出身の19歳は、野手としても投手としても大いなる可能性を感じさせ、「キューバの大谷」として話題を呼んでいる。

ソフトバンクのコラス【写真:福谷佑介】
ソフトバンクのコラス【写真:福谷佑介】

186センチ、96キロの大型選手、投打で魅力「キューバの大谷」

 外国人選手は一般的に、即戦力としての働きを求められる。しかし近年は、有望な若手選手を見出し、育成に時間を費やす前提で獲得するケースも増えてきた。2017年シーズン途中に福岡ソフトバンクへ加入したオスカー・コラス選手も、その「原石」の1人だ。キューバ出身の19歳は、野手としても投手としても大いなる可能性を感じさせ、「キューバの大谷」として話題を呼んでいる。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 コラス選手は186センチ、95キロの大型野手であり、なおかつ速球派左腕でもある二刀流。2015年の「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」にはU-18キューバ代表として出場し、投手登録ながら4番・指名打者を務めた。翌年の夏には、17歳で国内のトップリーグデビューを飾り、登板機会こそなかったものの、打者としては23試合4本塁打11打点、打率.278という好成績を残している。そして昨年5月、モイネロ投手とともに福岡ソフトバンクと育成契約を結ぶことが発表された。

 入団会見では担当スカウトが「とにかく飛ばす力がすごい。フリー打撃では140メートル級の打球をばんばん飛ばします。投げても148キロをマークしました」と、その大いなる可能性をアピール。コラス選手自身も、「日本の野球はすごくスマートなイメージ。自分も一塁手としてのバッティング、そして質の高いピッチングをお見せしたい」と、二刀流への挑戦を宣言し、「大谷選手のことは知っている。彼のような選手になりたい」と意気込みを語った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」