野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

メジャー通算51勝の大物ジーは活躍するか 中日の2018年助っ人陣容

助っ人補強ではメジャーで2度の2桁勝利の実績があるディロン・ジー投手を含め投手2人、野手2人を補強。この4人に、支配下で唯一チームに残留したビシエドを加えた5選手で戦う見通し。そこで、ここでは今季の中日の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

昨季は米国市民権取得手続きの難航や、骨折などで87試合出場に終わったビシエドは、支配下の助っ人で唯一残留

スティーブン・モヤ外野手
2017(3A)46試合151打数25安打7本塁打15打点 .166
MLB通算51試合124打数31安打5本塁打11打点 .250
3A通算269試合1060打数261安打47本塁打155打点 .246
 プエルトリコ出身で2008年にタイガース入り。2014年にメジャーデビューを果たし、2016年にはメジャー31試合に出場して5本塁打。2014年に2Aで35本塁打、2015年、2016年に3Aで20本塁打を放っている。2017年は3Aで打率.166に終わっており、不安は残るが、ゲレーロに代わる長距離砲として期待したいところ。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

○残留
ダヤン・ビシエド内野手
2017:87試合332打数83安打18本塁打49打点 .250
NPB通算206試合748打数197安打40本塁打117打点 .263
 キューバ出身で、2008年にアメリカへ亡命。2016年から中日に在籍し、チームの主軸としてプレーしている。2017年は米国市民権取得の手続きのため、6月にチームを一時離脱。当初は1週間程度で再来日する予定であったが、トランプ大統領就任による移民政策の転換により手続きが難航。来日が大幅に遅れ、約1か月もチームを離れた。8月には右腕を骨折し、87試合出場、打率.250、18本塁打49打点でシーズンを終えた。2018年も主砲としての活躍が求められている。

【育成】
ライデル・マルティネス投手
2017(ウエスタンリーグ)7試合1勝2敗0セーブ 防御率5.96

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」