野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

痛みで箸が持てないことも…鷹の154キロ18歳左腕が胸中激白、手術回避の理由

悩み抜いた末に、まだ18歳の青年は決断を下した。「手術はしたくはなかったですし、現状では投げられているので、いけるとことまでいってみようと。なので、手術はしないことにしました」。その胸の内を明かしたのは、2016年のドラフト2位・古谷優人投手だった。

自主トレを行ったソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
自主トレを行ったソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】

フレッシュオールスターで優秀選手にも輝いた2016年のドラフト2位・古谷優人

 悩み抜いた末に、まだ18歳の青年は決断を下した。「手術はしたくはなかったですし、現状では投げられているので、いけるとことまでいってみようと。なので、手術はしないことにしました」。1月半ば、福岡・筑後市にあるソフトバンクのファーム施設「HAWKS ベースボールパーク筑後」で自主トレを行った後に、その胸の内を明かしたのは、2016年のドラフト2位・古谷優人投手だった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 北海道中川郡幕別町の出身の左腕。江陵高では、甲子園出場こそなかったものの、3年夏の北北海道大会で自己最速となる154キロをマークし、一躍その名を轟かせた。準々決勝の釧路工高戦では8者連続を含む大会新記録の20奪三振を記録。同校を初のベスト4にまで導いた。

 2016年のドラフトで5球団が競合した田中正義投手に続く2位でソフトバンクが指名した。この年のドラフトで、ソフトバンクが最上級の評価を与えていたのは田中、ロッテに入団した佐々木千隼、そしてこの古谷の3人だったと聞く。それほどまでに高く評価されていた逸材だった。

 プロ入り1年目。古谷はそのポテンシャルの高さを見せていた。プロ初の実戦登板となった3軍の高知戦で最速151キロをマーク。6月17日の巨人とのファーム交流戦で2軍の公式戦に初登板すると、150キロをマークし、1イニングで2つの三振を奪った。フレッシュオールスターでは2イニングで3三振を奪い、優秀選手賞を獲得した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」