野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 チア名鑑」“カメレオン能力”持つ4年目 ホークス選手のモノマネも

スタジアムを鮮やかに彩る華「チアリーダー」。各球団がそれぞれの特性を持ち、1月6日には大阪市内でパ・リーグ6球団のチアリーダーが集結したイベント「パ・リーグ ダンスフェスティバル2017-2018」が開催されるなど、プロ野球においての1つのエンターテインメントとして定着してきている。

「ハニーズ」メンバーとして4年目を迎えるNAYONさん【写真:福谷佑介】
「ハニーズ」メンバーとして4年目を迎えるNAYONさん【写真:福谷佑介】

2015年にハニーズに加入したNAYONさんは、19人のメンバーで唯一の“4年生”

 スタジアムを鮮やかに彩る華「チアリーダー」。各球団がそれぞれの特性を持ち、1月6日には大阪市内でパ・リーグ6球団のチアリーダーが集結したイベント「パ・リーグ ダンスフェスティバル2017-2018」が開催されるなど、プロ野球においての1つのエンターテインメントとして定着してきている。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2018年、2年連続の日本一を目指すソフトバンクホークスにとっては、オフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。スタジアムで試合前や試合中にダンスパフォーマンスを行って場内を盛り上げに一役買っているだけでなく、場外イベントや地域イベント、各メディアへの出演を通してファンとの絆を結ぶ役割を担う。その「ハニーズ」の2018年度メンバー19人が決まり、1月19日に正式発表された。前年比約1.5倍の応募人数となった狭き門。そのオーディションを突破した19人を1人ずつ紹介していく。

○NAYONさん(4年目)
 2015年に初めてハニーズのメンバーとなった、赤い髪がトレードマークの彼女。2018年度メンバー19人の中で最古参となる4年目に突入する。メンバー唯一の“4年生”となるため、当然のように2018年度の「ハニーズ」のリーダー格となる存在で「1番上になる立場として引っ張っていく役目はしなければいけないなと思っています」と語る。

「野球には興味はなく、当初はハニーズのことも知りませんでした」というNAYONさん。通っていたダンススクールに、当時の「ハニーズ」が練習に来ていたことで存在を知り、そしてソフトバンクホークスを知ったという。そこから野球に対しても興味を抱くようになり「九州の人間として、ハニーズを通してホークスを知る人も増えてくれたらいいなと」思い、ハニーズを志すようになった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」