野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「何らかの形で野球を続けて」北海道で女子野球3選手が野球教室を開催

女子選手を対象にした野球教室が28日、札幌のバッティングセンター「ピッチャーガエシ」で行われた。講師を務めたのは、女子プロ野球選手の山崎まり内野手(28=埼玉アストライア)と小原美南投手(20=愛知ディオーネ)。“マドンナジャパン”のワールドカップ5連覇に貢献した元日本代表の金由起子内野手(40=ホーネッツ・レディース監督兼任)も急遽加わった。

女子選手を対象にした野球教室に参加した埼玉アストライア・山崎まり【写真:石川加奈子】
女子選手を対象にした野球教室に参加した埼玉アストライア・山崎まり【写真:石川加奈子】

北海道出身の3選手、山崎、小原、金が参加

 女子選手を対象にした野球教室が28日、札幌のバッティングセンター「ピッチャーガエシ」で行われた。

W杯6連覇に挑む侍ジャパン女子代表 世界の模範になる「日本最強のメンバー」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 講師を務めたのは、女子プロ野球選手の山崎まり内野手(28=埼玉アストライア)と小原美南投手(20=愛知ディオーネ)。“マドンナジャパン”のワールドカップ5連覇に貢献した元日本代表の金由起子内野手(40=ホーネッツ・レディース監督兼任)も急遽加わった。

 道内各地から集まった小学4年から高校1年の15人は、北海道出身の3選手を憧れの眼差しで見つめ、真剣に話を聞き入っていた。人工芝スペースでキャッチボールやゴロ捕球の基本を教わり、打席では個々のフォームに合わせ、普段の練習で意識することなど助言を受けた。

 吉田理桜さん(札幌手稲東小6年)は「中学に進んでからの変化球に対応するコツを教えてもらいました。下半身の使い方についての説明がとてもわかりやすかったです」とヒントをもらってうれしそう。川島一乃さん(栗山小6年)も「女性なのにプロってカッコイイ。私も中学、高校で野球を続けたいし、将来はプロや日本代表を目指せたらいいですね」と目を輝かせた。

 2時間の教室の最後に設けられた質問コーナーでは、食事やトレーニング方法、プロテストの内容など質問が続出。時間がなくなり、3人で打ち切られたが、受講者たちの積極性が光った。

 その熱気は講師にも伝わった。3年連続でこの教室に参加している山崎は「どうやったらうまくなるのかという興味を持っていて、女の子の意識、実力が年々高くなっていると感じます」と感心していた。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬