野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2000安打は4人達成 杉下、星野、山本ら名投手の宝庫…中日の歴代投打5傑

中日ドラゴンズは1936年、名古屋軍として発足。1948年に中日ドラゴンズとなった。巨人、阪神とともに親会社が創設時から変わっていない老舗球団で、今年で82年を迎える。歴史を飾った名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役

最多セーブを記録している中日・岩瀬【写真:編集部】
最多セーブを記録している中日・岩瀬【写真:編集部】

立浪、高木、宇野ら名選手の中に現役・荒木もランクイン

 中日ドラゴンズは1936年、名古屋軍として発足。1948年に中日ドラゴンズとなった。巨人、阪神とともに親会社が創設時から変わっていない老舗球団で、今年で82年を迎える。歴史を飾った名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

○通算安打数5傑
1立浪和義 2480安打(1988-2009年)
2高木守道 2274安打(1960-80年)
3谷沢健一 2062安打(1970-86年)
4荒木雅博 2023安打(1997年-)※
5木俣達彦 1876安打(1964-82年)

 2000本安打は4人。このうち3人が内野手だ。立浪は通算二塁打のNPB記録保有者で、高木守道は巨人V9時代の名二塁手。谷沢健一は首位打者2回のシャープな左打者で、張本勲との熾烈な首位打者争いで知られる。荒木は昨年2000本安打をクリア。木俣達彦は強打の捕手として鳴らした。

○通算本塁打数5傑
1宇野勝 334本(1977-92年)
2大島康徳 321本(1971-87年)
3木俣達彦 285本(1964-82年)
4谷沢健一 273本(1970-86年)
5江藤愼一 268本(1959-69年)

 宇野勝は強打の遊撃手で本塁打王に一度輝いた。大島は中日と日本ハムで24年の現役生活を送った息の長い選手で本塁打王1回。5位の江藤愼一は中日とロッテで首位打者を獲った。両リーグで首位打者になったのは、現役のソフトバンク内川聖一と江藤だけ。現役では平田良介の84本塁打が最多だ。

〇通算打点5傑
1立浪和義 1037点(1988-2009年)
2谷沢健一 969点(1970-86年)
3大島康徳 943点(1971-87年)
4宇野勝 923点(1977-92年)
5木俣達彦 872点(1964-82年)

 安打数、本塁打と名前が重なる。森野将彦が782打点で9位につけていたが昨年限りで引退。現役では荒木雅博の465点が最多だ。
  
○通算盗塁数5傑
1荒木雅博 378盗塁(1997年-)※
2高木守道 369盗塁(1960-80年)
3中暁生 347盗塁(1955-72年)
4原田督三 203盗塁(1948-58年)
5国枝利通 192盗塁(1948-54年)

 盗塁王を1度獲得した現役の荒木が最多。高木は盗塁王を3回獲得している。中は高木と同時代の外野手で守備範囲が広く、首位打者、盗塁王各1回ずつ受賞。打撃妨害出塁がNPB最多の21回を数え、曲者と呼ばれた。原田督三は屈指の守備範囲の広さで知られた外野手。国枝はプロ9年と活躍期間は短かったが、30盗塁以上を4回記録した俊敏な内野手だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」