野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早々に残留決断の田中将大、“停滞”FA選手を気遣う「落ち着かないんじゃ…」

ヤンキースの田中将大投手は1日、羽田空港から日航機で渡米した。日本人メジャー投手初となる4年連続開幕投手へ向けて「そこは狙って調整したいです」と意欲を見せた右腕。今オフはFA市場の動きが歴史的な停滞ぶりを見せるなか、自身は昨季終了直後に契約を破棄できる「オプトアウト」の権利を行使せず、早々にヤンキース残留を決断したため、順調に調整が出来ている。

アメリカへの出国前の会見に臨んだヤンキース・田中将大【写真:編集部】
アメリカへの出国前の会見に臨んだヤンキース・田中将大【写真:編集部】

自身は昨季終了後に契約を破棄せず、メジャー5年目へ向けて渡米

 ヤンキースの田中将大投手は1日、羽田空港から日航機で渡米した。日本人メジャー投手初となる4年連続開幕投手へ向けて「そこは狙って調整したいです」と意欲を見せた右腕。今オフはFA市場の動きが歴史的な停滞ぶりを見せるなか、自身は昨季終了直後に契約を破棄できる「オプトアウト」の権利を行使せず、早々にヤンキース残留を決断したため、順調に調整が出来ている。一方で、未だ契約していない日本人選手もいるとあって、「落ち着かないんじゃないですか」と気遣う場面もあった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 メジャー5年目のシーズンへ、ここまで調整は万全。「順調に自分のやりたかったことはできて、ここまで順調だと思います」。田中は穏やかな表情で話した。昨年はヤンキース移籍後初めてア・リーグ優勝決定シリーズに進出。世界一に輝いたアストロズに3勝4敗で敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかったものの、チームとして確かな手応えを得た1年だった。レギュラーシーズンでは好不調の波が激しかった田中自身も、ポストシーズンでは圧巻の活躍で名門球団を牽引。渡米後、最も長いシーズンを経験したが、今季も先を見ることはなく、まずは地区優勝に全力を注ぐ。

「結局、そこ(ポストシーズン)は先のところなので。というよりは考えるのはレギュラーシーズンのことですかね。先のことは考えないですね。見えてこないし」

 まだ1度も到達していないシーズン200イニングの大台も目安の1つとなる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」