野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

キューバ代表グラシアル獲得のホークス 助っ人6人どう使いこなす?

一体、これほどの戦力をどのように使いこなすのだろう。そんな気持ちを抱かざるを得ないほど、多士済々の顔ぶれとなっている。昨季の日本一、ソフトバンクホークスである。

ソフトバンクに入団が決まったキューバ代表のジュリスベル・グラシアル【写真:福岡吉央】
ソフトバンクに入団が決まったキューバ代表のジュリスベル・グラシアル【写真:福岡吉央】

サファテ、バンデンハーク、モイネロ、デスパイネ、スアレスのいる外国人は豪華絢爛

 一体、これほどの戦力をどのように使いこなすのだろう。そんな気持ちを抱かざるを得ないほど、多士済々の顔ぶれとなっている。昨季の日本一、ソフトバンクホークスである。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 宮崎キャンプも第3クール最終日となった12日、新たな戦力補強が公にされた。かねて噂されていたキューバ代表のジュリスベル・グラシアル内野手が、ホークスの契約を結んだとキューバの現地紙「グランマ」の電子版が報じると、その後に球団が正式に入団を発表した。

 ソフトバンクには既に球界を代表する助っ人勢が顔を揃えている。投手陣では、昨季前人未踏の54セーブをマークし、プロ野球記録を更新した守護神デニス・サファテ投手、先発ローテの一角を担うリック・バンデンハーク投手、昨季途中から勝利の方程式を担ったキューバ人でリバン・モイネロ投手がおり、右肘のトミー・ジョン手術からリハビリ中で、今季中に復帰できる見込みのロベルト・スアレス投手もいる。野手にはアルフレド・デスパイネ外野手がおり、育成選手にはキューバ人“二刀流”のオスカー・コラス投手兼外野手も在籍している。

 グラシアルは4人目のキューバ人、支配下では6人目の外国人助っ人となる。ご存知のとおり、1軍の外国人枠は4枠。投手だけで4枠、野手だけで4枠という使い方はできず、投手3野手1、投手2野手2、投手1野手3のいずれかになる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」