野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太がキャンプ初ブルペン 仕上がり上々、正捕手は「いい球が来てた」

前田健太がキャンプ初ブルペン 仕上がり上々、正捕手は「いい球が来てた」

ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)、キャンプイン3日目で初めてブルペン入りした。正捕手のオースティン・バーンズを相手に30球。バッテリー組集合日の13日(同14日)以来の投球練習となったが、バーンズから「いい球が来ていた」と称えられるなど、上々の内容だった。

ドジャースの前田健太【写真:盆子原浩二】
ドジャースの前田健太【写真:盆子原浩二】

昨年は7月末からダルビッシュとチームメート「僕にとって凄く貴重な時間だった」

 ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)、キャンプイン3日目で初めてブルペン入りした。正捕手のオースティン・バーンズを相手に30球。バッテリー組集合日の13日(同14日)以来の投球練習となったが、バーンズから「いい球が来ていた」と称えられるなど、上々の内容だった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 メジャー3年目のキャンプ。前田は「このチームにもすごく慣れてきましたし、メンバー・スタッフというのがあんまり変わってないので自分のペースでできていますし、まあ後は去年の課題、先発で課題がたくさん見つかったので、それをしっかり修正していい結果が出るようにこのキャンプを過ごしていきたいと思います」と話した。「課題」は「すべてのボールのレベルアップというのが一番大事」だという。

 昨季途中からチームメートだったダルビッシュはカブスに移籍。ともに過ごした時間は財産になった。前田は「ダルさんと同じチームでプレーすることができて、もちろんピッチャーとしてたくさん勉強になることもありましたし、一緒にいる時間もすごく多かったので、僕にとっては凄く貴重な時間でしたし、うれしい時間だった」と話す。さらに「同じリーグで対戦する機会もあると思うので、いつか投げ合えたらいいなと思います」とも言うが、今季は同じナ・リーグ西地区に平野佳寿投手(ダイヤモンドバックス)、牧田和久投手(パドレス)と日本人投手が2人増えただけに「日本人の方と対戦する機会が多くなると思うのでそれはすごく楽しみです」と声を弾ませた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」