野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「野球環境は最高」― ホークスとジャイアンツを知る男が宮崎の地で思うこと

ソフトバンクの2軍打撃コーチ、大道典良。選手、コーチとして2チーム4球団(巨人、南海、ダイエー、ソフトバンク)に在籍。四国、宮崎、沖縄で春季キャンプを体験してきたスペシャリストに聞いた。

ソフトバンク・大道典良2軍打撃コーチ【写真:山岡則夫】
ソフトバンク・大道典良2軍打撃コーチ【写真:山岡則夫】

ホークス、ジャイアンツを知る男

 ソフトバンクの2軍打撃コーチ、大道典良。選手、コーチとして2チーム4球団(巨人、南海、ダイエー、ソフトバンク)に在籍。四国、宮崎、沖縄で春季キャンプを体験してきたスペシャリストに聞いた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムがアリゾナでキャンプインした以外、18年も他11チームは国内からのスタートとなった。以前は四国・高知でキャンプを張るチームもあったが、現在は沖縄と宮崎が主流となっている。

 そんなキャンプ真っ盛りの2月10日、宮崎でジャイアンツとホークスのOB戦が開催された。ジャイアンツは宮崎キャンプ60周年記念イヤー。そしてホークスは南海、ダイエー、ソフトバンクOBが一堂に介したことで大変な盛り上がりをみせた。

 大道コーチは、ホークスとジャイアンツ、両チームの国内キャンプを知る数少ない球界関係者。今回のOB戦には選出されなかったものの、歴史を知る一人である。

「まぁ僕の場合、南海はプレーしたとはいえ2年だけどね。キャンプの環境は比べられないくらい今より悪かった。球場もホテルも。練習も厳しくてね。昔ながらの方法もまだ残っていた時代だから」

 1987年のドラフト4位で南海に入団。ホークスのダイエーへの球団譲渡初年度となる89年にプロ初安打。以降、勝負強い打撃で通算906安打を放った。

 その後ホークスはしばらく高知でキャンプを行っていたが、2003年の秋からキャンプ地を宮崎に移した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」