野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平へ広がる驚き 懐疑的な見方に変化「歴代最高の選手になる可能性も」

大谷翔平へ広がる驚き 懐疑的な見方に変化「歴代最高の選手になる可能性も」

エンゼルスの一員として14日(日本時間15日)にキャンプインを迎えたばかりの大谷翔平投手が、早くも周囲を驚かせている。米国では、あくまで投手としての評価が高かったが、フリー打撃で豪快な柵越えを連発。

投打で注目を浴びるエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
投打で注目を浴びるエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

早くも現地の“見方”変え始めた大谷、地元番記者に聞く印象とは

 エンゼルスの一員として14日(日本時間15日)にキャンプインを迎えたばかりの大谷翔平投手が、早くも周囲を驚かせている。米国では、あくまで投手としての評価が高かったが、フリー打撃で豪快な柵越えを連発。その飛距離は前タイガース監督のブラッド・オースマスGM特別補佐をはじめ、あらゆる人に衝撃を与えており、二刀流右腕への懐疑的な見方は確実に変わってきている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」でエンゼルス番を務めるペドロ・モーラ記者もその1人だ。「打者として興味をそそられた」と話す同記者は、メジャーでの二刀流について当初は「実現できないと思っていた」と正直に告白。ただ、実際に大谷の打撃を見た上で「期待できる」と考えるようになったという。

 15日(同16日)のフリー打撃では35スイングで安打性20本、そのうち12本が柵越えと大飛球を連発した大谷。センターバックスクリーン越えの推定150メートルの一発もあった。「まずは投手」と見ていたエンゼルスの選手や地元メディアを唖然とさせるパフォーマンスだった。

 モーラ記者は最初の2日間の練習から「投手としてはまだ特筆すべき点はないが、打者としては興味をそそられた」と感想を抱いたという。「パワー面で期待されていることは知っているが、メジャーでどこまで通用するかは始まらないと分からない。彼はとても身体能力が高く、速さもある。まだ2日目だが、感心している」。シーズンが開幕してみないと分からないとの“注釈“付きではあるものの、「より期待は増した」と明言した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」