野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • ホークスにも“死角あり” 平成唯一の3冠王・松中氏が語る2018年パの展望

ホークスにも“死角あり” 平成唯一の3冠王・松中氏が語る2018年パの展望

プロ野球の12球団がキャンプインしてから、早いもので2週間以上が経過した。米アリゾナ州で1次キャンプを行ってきた日本ハムは帰国し、2次キャンプ地の沖縄・名護市へ。巨人や広島の1軍もそれぞれ沖縄・那覇市、沖縄・沖縄市へとキャンプ地を移し、2次キャンプをスタートさせた。ここから各球団は徐々に実戦モードへと移行。紅白戦や練習試合を中心に2月下旬から始まるオープン戦に向けて調整の段階を上げていくことになる。

松中信彦氏が今季のパ・リーグの展望を語る【写真:福谷佑介】
松中信彦氏が今季のパ・リーグの展望を語る【写真:福谷佑介】

「優勝候補は間違いなくホークス」、松中氏が語る打倒・王者への道

 プロ野球の12球団がキャンプインしてから、早いもので2週間以上が経過した。米アリゾナ州で1次キャンプを行ってきた日本ハムは帰国し、2次キャンプ地の沖縄・名護市へ。巨人や広島の1軍もそれぞれ沖縄・那覇市、沖縄・沖縄市へとキャンプ地を移し、2次キャンプをスタートさせた。ここから各球団は徐々に実戦モードへと移行。紅白戦や練習試合を中心に2月下旬から始まるオープン戦に向けて調整の段階を上げていくことになる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 昨季はソフトバンクが2年ぶりに頂点に立ち、そのまま日本一まで突っ走ったパ・リーグ。2年連続の日本一を狙うソフトバンクが今季も戦いの中心にはなるだろうが、果たして王者を止める球団は出てくるだろうか。かつて、そのホークスでプレーし、2004年には3冠王に輝いた松中信彦氏。現在は解説などを務める“平成唯一の3冠王”が、2018年のパ・リーグの展望を語った。

「優勝候補は間違いなくホークス。これだけの戦力があり、特にピッチャー陣がいい。死角はほぼない。ただ、全くないかと言えば、そうではない。探せば、あると僕は思います」という松中氏。まずは、ホークス以外の5球団を簡単に分析してもらった。

 松中氏がまず、ホークスの対抗馬1番手に挙げたのは楽天だ。

「やっぱり野球は投手。ホークスを倒せるとしたら、投手がいいチームだろうと思います。となると、まずは楽天でしょうか。則本、岸の2枚看板がしっかりしているし、ある程度去年はいい勝負をしていたわけですからね。基本ホークスは去年と戦力は変わらない。となると、楽天は去年からどれだけのプラスアルファが作れるか。安楽や藤平、ルーキーといった若い子たちがどれだけ出てくるか。それによっては面白い戦いになるかなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」