天国と地獄を見たプロ10年 オリックス伊藤が激白「捕手としていたい」

インタビューに応じるオリックス・伊藤光【写真:編集部】
インタビューに応じるオリックス・伊藤光【写真:編集部】

一時は日本代表入りも出場数激減、オリックス伊藤が明かす胸中

 1996年以来、リーグ制覇から遠ざかっているオリックス。2014年にはソフトバンクと最後まで優勝争いを演じリーグ2位となったが、その後は3年連続Bクラスと厳しい状況が続いている。そんなチームで強い決意のもと、新シーズンに挑む選手がいる。伊藤光だ。「捕手として勝負したい」――。春季キャンプを送る28歳が今季にかける思いを語ってくれた。

 2013年には137試合に出場し打率.285をマーク、さらに翌年(14年)にも137試合に出場し打率.257を記録。チーム防御率リーグ1位の強力な投手陣を支え、Aクラス(2位)入りの原動力となった。ベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀バッテリー賞を獲得し、日本代表にも選ばれた。オリックスの正捕手は今後、10年間は安泰と思われた。だが、16年には当時プロ3年目だった若月健矢が台頭し、出場機会は減少していった。

「チームが勝てなかったら責任がくるポジションですから。結果がすべて自分の責任。僕に力がなかっただけ。常にやり返す気持ちをずっと持っていました。周りからは『ライバルは若月』と言われますが、そういう思いは持っていないです。仲が悪いとかいうわけじゃなくて(笑)。

 周りを見ることもないですし、自分が結果を残せばいいだけ。それがチームのためにもなる。タイトルだって何年も連続で取らないと意味がないですし」

16、17年は出場機会を増やすため一塁、三塁に挑戦

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY