野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「7、8割の力」で150キロ超連発 ホークス19歳左腕が衝撃の実戦初登板

衝撃的だった。ソフトバンクの宮崎キャンプ第5クール初日。2年目の古谷優人投手が、周囲の度肝を抜く圧巻の投球を見せた。

練習試合に登板したソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
練習試合に登板したソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】

20日行われたB組練習試合のJX-ENEOS戦でキャンプ初実戦、最速151キロをマーク

 衝撃的だった。ソフトバンクの宮崎キャンプ第5クール初日。2年目の古谷優人投手が、周囲の度肝を抜く圧巻の投球を見せた。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 この日、B組が戦った社会人のJX-ENEOSとの練習試合。オフに胸郭出口症候群による血行障害が判明し、下半身の軽い故障もあってリハビリ組としてキャンプをスタートさせていた古谷が初の実戦マウンドに上がった。まだ2月半ば。先日B組に合流したばかりで、今季初実戦だったにも関わらず、150キロ超えを連発したのだ。

 モノが違う。6、7回を投げた2016年のドラフト1位・田中正義投手の後を受け、8回にマウンドに上がった左腕。先頭打者の初球にいきなり149キロをマークすると、2球目にはこの日の最速となる151キロ。4球目の150キロで追い込むと、5球目は再び150キロで見逃し三振を奪った。

 続く打者には初球の150キロを右前に運ばれたが、次打者の2球目で盗塁死。2死となると3人目の打者の4球目にも再び151キロを計時。最後は148キロで二ゴロに打ち取り、結果的に3人で1イニングを投げ終えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」