野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

指名漏れから這い上がったロッテドラ2内野手、パ新人王の「先輩」に続けるか

千葉ロッテのドラフト2位・藤岡裕大内野手が、開幕スタメン入りに向けて猛アピールを続けている。大学時代の指名漏れと、社会人野球での確かな成長を経て、夢の舞台で一気にスターダムへのし上がることができるだろうか。

ロッテのドラフト2位ルーキー・藤岡裕大【写真:細野能功】
ロッテのドラフト2位ルーキー・藤岡裕大【写真:細野能功】

指名漏れで涙を流した過去、社会人野球で実力を証明してプロの世界へ

 千葉ロッテのドラフト2位・藤岡裕大内野手が、開幕スタメン入りに向けて猛アピールを続けている。大学時代の指名漏れと、社会人野球での確かな成長を経て、夢の舞台で一気にスターダムへのし上がることができるだろうか。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 藤岡裕は、亜細亜大学の1年春から三塁のレギュラーを務め、3年秋には首位打者も獲得している。その打撃センスと強肩は軒並み高い評価を受けており、大卒でのプロ入りが有力視される存在となっていた。

 ところが、2015年のドラフトではまさかの指名漏れ。「ドラフトの光と影」の影のほうで、悔し涙に暮れた。社会人の名門・トヨタ自動車に進み、2年後のプロ入りを目指すことに。

 トヨタ自動車にはパ・リーグ新人王を受賞した源田(現・埼玉西武)がいたこともあり、1年目は外野手としてプレー。優れた脚力と強肩で初年度から活躍を見せると、源田がプロ入りしてチームを離れた2年目からは遊撃手にコンバートされる。

 そこでも好守を連発し、昨夏の都市対抗野球開幕戦では延長12回にサヨナラ満塁弾を放つなど、攻守にわたって主力としてチームをけん引した。そして迎えた2017年のドラフト。千葉ロッテから2位指名を受け、ついに念願のプロ入りを果たした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」