野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ナックルでMLB復帰狙う元オリ左腕 きっかけは日本「すごく効果的だった」

ナックルでMLB復帰狙う元オリ左腕 きっかけは日本「すごく効果的だった」

昨季オリックスでプレーしたフィル・コーク投手が、ナックルボーラーとしてメジャー復帰を目指している。メジャー通算407試合登板と豊富な経験を誇る左腕だけに、米メディアもこの“モデルチェンジ”を大きく取り上げているが、きっかけは日本時代の投球にあったという。米メディア「ジ・アスレチック」が伝えている。

21017年にはオリックスに在籍したフィル・コーク【写真:荒川祐史】
21017年にはオリックスに在籍したフィル・コーク【写真:荒川祐史】

初めは日本での投球練習で試投、その変化にブルペン捕手は「僕を殺す気か」

 昨季オリックスでプレーしたフィル・コーク投手が、ナックルボーラーとしてメジャー復帰を目指している。メジャー通算407試合登板と豊富な経験を誇る左腕だけに、米メディアもこの“モデルチェンジ”を大きく取り上げているが、きっかけは日本時代の投球にあったという。米メディア「ジ・アスレチック」が伝えている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスではわずか6試合登板で2勝3敗、防御率4.56という成績に終わり、1年で退団となったコーク。現在FAとしてメジャー復帰を模索しており、米フロリダ州ブラデントンで行われている未契約FA選手のスプリングトレーニングに参加しているという。「ジ・アスレチック」は、そんな左腕のロングインタビューを紹介。ナックルボーラー“転向”の経緯、そして、日本で掴んだ手応えについて明かしている。

 まずはナックルボールを投げ始めた経緯について、コークは「11歳の時にナックルの投げ方を教わったんだ。いつか何かの拍子に必要になることがあるかもしれないと常に思っていたよ」と回顧。実は幼少期から“持ち球”だったというが、それを昨年、日本で「ランダムに」試し始めた。手応えは十分だったようだ。

「ブルペンで投げていて、捕手に(ナックルが)どんな風か見せる機会があったんだ。たくさん動きがあるかどうか、自分の目で確かめたかったんだ。実際かなり良く動いていたよ。そして、ブルペン捕手があまり上手くなかったんだけど、彼は10球もしないうちにこう言ったんだ。『やめてくれ、君は僕を殺す気か! 死にたくないんだ』。もちろん、その会話も通訳を介してだったんだけど、とても面白かったよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」