野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷争奪戦の余波? カーショーが大谷代理人に嫌悪感「時間と努力を無駄に」

大谷争奪戦の余波? カーショーが大谷代理人に嫌悪感「時間と努力を無駄に」

7日(日本時間8日)に行われたオープン戦では、ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーにスローカーブで見逃し三振に仕留められてしまったエンゼルス大谷翔平投手。ドジャースと言えば、昨年12月に大谷獲得に向けて直接交渉に臨んだ7球団の1つだが、どうやらエース左腕は交渉直後に大谷とチームメイトにはならない運命を悟っていたようだ。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版が伝えている。

エンゼルスの大谷翔平(左)とドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平(左)とドジャースのクレイトン・カーショー【写真:Getty Images】

大谷を逃したドジャースの2選手が面談の様子を明かす

 7日(日本時間8日)に行われたオープン戦では、ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショーにスローカーブで見逃し三振に仕留められてしまったエンゼルス大谷翔平投手。ドジャースと言えば、昨年12月に大谷獲得に向けて直接交渉に臨んだ7球団の1つだが、どうやらエース左腕は交渉直後に大谷とチームメイトにはならない運命を悟っていたようだ。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版が伝えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 花巻東高時代から大谷の動向を熱心に追ってきたドジャースは、“二刀流”が移籍先に選ぶ本命チームと目されていた。大谷の代理人を務めるCAAのネズ・バレロ氏は、獲得に興味を持つ球団に資料提出を求め、“書類選考”を実施。通過した7チーム(エンゼルス、ドジャース、カブス、ジャイアンツ、パドレス、レンジャーズ、マリナーズ)が面談に進み、契約することのメリットについて大谷本人に直接訴えかけた。

 記事によれば、ドジャースはフリードマン強化担当責任者、ザイディGM、ロバーツ監督、カーステンズ球団社長、マクダニエル・コンディショニング担当コーチに加え、結婚記念日だったカーショー、結婚式準備に忙しかったジャスティン・ターナー、そして東海岸バージニア州から早朝便に飛び乗ったクリス・テイラーの3選手が、大谷との面談の席に着いたという。この時を振り返り、カーショーは「ハンパなく無駄な時間だった」、ターナーも「無駄な時間だった」と異口同音に語っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」