野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 防御率27.00&打率.100…米記者、大谷の“開幕マイナー”は「筋が通ってる」

防御率27.00&打率.100…米記者、大谷の“開幕マイナー”は「筋が通ってる」

エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、米アリゾナ州テンピでの本拠地ロッキーズ戦に先発し、2回途中で2被弾を含む7安打3奪三振2四死球7失点(自責7)と炎上した。メジャーへの適応段階とはいえ、二刀流の厳しい現実に米メディアは「(マイナーへの)降格は筋が通っている」と伝えている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

OP戦は投打両方で苦しむ二刀流、今後を見据えてマイナーでスタートすべき?

 エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、米アリゾナ州テンピでの本拠地ロッキーズ戦に先発し、2回途中で2被弾を含む7安打3奪三振2四死球7失点(自責7)と炎上した。初回は無失点に抑えたものの、2回は先頭デズモンドに左翼へのソロ弾を浴びると、3番アレナドにも左翼への3ランを被弾するなど7失点。1死を奪ったところで降板となった。打者としては20打数2安打、打率.100。投手としてはオープン戦2試合先発で防御率27.00、練習試合を含めても計8回1/3を投げて19安打17失点。メジャーへの適応段階とはいえ、二刀流の厳しい現実に米メディアは「(マイナーへの)降格は筋が通っている」と伝えている。

【PR】大谷翔平を観るなら「DAZN」、出場試合を放送予定! 今なら無料視聴可能、MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 主力中心のロッキーズ打線を相手に、98マイル(約158キロ)の直球などで初回は無失点に抑えた大谷。しかし、3点リードの2回は先頭デズモンドに速球を左翼席へ運ばれると、死球、右前打、左前打で無死満塁に。ブラックモンに2点タイムリーを浴び、同点に追いつかれた。なおも無死一、三塁からラメーヒューの遊撃内野安打で逆転を許し、主砲アレナドにはフルカウントから6球目の低め速球を左翼席に運ばれる3ランで7失点目。続くストーリーを空振り三振としたところで降板となった。この日は75球程度が予定されていたが、50球でマウンドを降りた。

 この登板を受けて、米メディア「ジ・アスレチック」は「オオタニの不振が続く、3Aでシーズンを迎える可能性は?」とのタイトルで特集記事を掲載。長年、ドジャースとエンゼルスを取材するペドロ・モーラ記者は、今後のためにも開幕はマイナーで迎えるべきとの見方を示している。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬