野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

貢献の先に見据える新人王 ロッテドラ4菅野が語る成長の日々

社会人の日立製作所からロッテにドラフト4位指名を受け入団した菅野剛士外野手。シーズン開幕に向けオープン戦でアピールを続けてきたルーキーは「練習では今まで自分では気が付かなかったことを教えてもらっている」と充実している様子だ。

今季への意気込みを力強く語ったロッテ・菅野剛士【写真:篠崎有理枝】
今季への意気込みを力強く語ったロッテ・菅野剛士【写真:篠崎有理枝】

充実の日々を送るロッテドラ4菅野「あっという間に1日が終わる」

 社会人の日立製作所からロッテにドラフト4位指名を受け入団した菅野剛士外野手。シーズン開幕に向けオープン戦でアピールを続けてきたルーキーは「練習では今まで自分では気が付かなかったことを教えてもらっている」と充実している様子だ。

「バッティングは感覚の部分があるので人それぞれだと思いますが、守備、走塁に関して教わることは、初めて知ることが多いです。打球の追い方や、追うタイミング、走塁に関してだったら、シャッフルひとつでも、右足で蹴るのと左足で蹴るのとでは全然違います。自分では意識したことのないことばかりです」

 明大では東京六大学記録の28本の二塁打を放っている菅野は、今春のキャンプの練習試合で1試合2本の三塁打を放つなど、その成果が出始めている。

「キャンプの時から、体の使い方を本当に細かく教わっています。結果的に二塁打が三塁打になったりしているので、教わっていることを吸収して、1年間通して成長出来たらと思っています」

 開幕スタメンを目標にしてきたが、「バッティング、守備、走塁、すべてでまだまだアピールしなきゃいけない」と力を込める。今は野球漬けの毎日を送っているが「もっと練習しなきゃいけない」と貪欲だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」