野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 投手・大谷と対峙、敵打者どう見た? 160キロ&複数球種に「誰だって難しい」

投手・大谷と対峙、敵打者どう見た? 160キロ&複数球種に「誰だって難しい」

1日(日本時間2日)に敵地でのアスレチックス戦で、エンゼルス大谷翔平投手はメジャー初先発初勝利を飾った。2回に被弾し3失点したが、6回を投げて3安打6奪三振1四球で3失点(自責3)とクオリティスタート(QS、6回以上を自責3以内)を記録。“二刀流”で注目を浴びる23歳右腕とバッターボックスで対峙したメジャーの強打者たちはその投球をどう見たのだろうか。

メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】
メジャー初登板で初勝利を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:西山和明】

QSで白星デビュー、アスレチック打者は二刀流右腕をどう見た?

 1日(日本時間2日)に敵地でのアスレチックス戦で、エンゼルス大谷翔平投手はメジャー初先発初勝利を飾った。2回に被弾し3失点したが、6回を投げて3安打6奪三振1四球で3失点(自責3)とクオリティスタート(QS、6回以上を自責3以内)を記録。“二刀流”で注目を浴びる23歳右腕とバッターボックスで対峙したメジャーの強打者たちはその投球をどう見たのだろうか。 

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「すごく期待値が高い中でも、さすがプロだね。今日はいいボールが来ていた」 

 こう語ったのは、この日、アスレチックスの3番に入った若き主砲マット・オルソン内野手だった。1回の第1打席では、初球でこの日最速の100マイル(約160キロ)の速球を“体験”。見送ってストライクを奪われると、最後は切れ味抜群のスプリットで空振り三振。第2打席も空振り三振、第3打席は左飛で、この日は快音を響かせることはできなかった。 

 昨季わずか59試合で24本塁打を放ったスラッガーも、1歳年下の“二刀流”が投げるボールの凄まじさを認めるしかなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」